ゼロ秒思考を身につける

よく考える、とは良いこととされています。しかしながら、あまりに時間をかけると、場合によっては決断力がないといったネガティブな評価となってしまう場合もあるでしょう。やはり時と場合によっては即断ができる力というものも場合によっては求められると言えますね。


シンプルなトレーニング

赤羽雄二による『ゼロ秒思考:頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』(ダイヤモンド社)は思考力や決断力を早めるためのトレーニングについて記された本です。本書で提唱されているトレーニングは実にシンプルです。A4用紙1枚につき1件の内容を、1分以内にさくっと書くのです。それを10ページ書いて、瞬間的に整理していきます。それを繰り返していくことによって、短い時間において全体を見渡す力とともに、考える力が身につくのです。

考える力

これは常にアウトプットをすることによって頭を整理していく方法であると言えるでしょう。さらにこうしたものは、思考や感情をきちっと文字に起こしていくことによって可視化するといった目的もあります。やはり、頭の中においてぼんやりと思い浮かんでいるものであったとしても、いざ実際に文字や文章にしようとすると、なかなか具現化できない思いなどもありますからね。

イメージの具現化

そこにおいて大切なものはイメージの具現化ではないでしょうか。さらにこれは論理的な思考とともに感情の整理などにも役立ちますので、ビジネスシーンなどにおいてあらゆるものごとを円滑に進めることができると言えるでしょう。

    
コメント