2割集中の仕事術

仕事において集中せよ、というのはひとつの命題となっています。そこにおいては、気を抜けないといったことも言われていますが、決してそればかりとは限りません。仕事というのは、集中するときとしない時をうまい具合にバランスよく配置していくのが重要だと言えるでしょう。そこにおいては、仕事をどう捉えていくかということをまずは考えるべきでしょう。

2割集中とは?

古川武士の『図解 2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、仕事における力の抜きどころを解説した本です。本書の特徴としては、持ち運びに便利なハンディサイズとして用意されているため、机のそばなどにおいておき、すぐにでも見ることができるというのもあるでしょう。さらに図解として記されていますから、ぱっと開いて、ビジュアル的な把握をするといったこともできますね。非常に便利な内容に仕上がっているのです。

完璧主義が効率を下げる

本書にはいくつかのキーワードが記されています。「完璧主義が効率を下げる」これには共感できるものがあるのではないでしょうか。さらに「短時間で集中的に仕事をして終える」これも重要ですね。決して時間をかければ良い仕事ができるというわけではないのです。これまでなんとなく仕事をしていた人にとっては、目からウロコの法則が多く紹介されているのですべてのダラダラ労働者たちに必読の本だと言えるでしょう。