仕事の効率化

  • スマホメモ術とは?

    メモというのは、どの場面においても役立つスキルです。これがスキルなのかと、あまくみくびっていてはいません。メモひとつで仕事のミスを大幅に減らすことができますし、新たな仕事のチャンスに繋がるといったこともあるでしょう。

  • 段取りの教科書に学ぶ

    ビジネスシーンにおいて重要なものとして、段取りがあります。この順番をしっかりと捉えていないと、何度も同じ場所を往復してしまうといったことがあります。それは最終的にはビジネスシーンにおいてはムダを増産することになってしまいますね。そうなると、なかなか良い方向へと向かうことも難しくなってしまうのではないでしょうか。

  • 手帳テクニックに学ぶ

    スケジュール管理は、どのように行っているでしょうか。スマートフォンやタブレットで行っているという人もいる一方で、手帳に関してはアナログのままという人もいるかもしれません。すぐに参照できる便利さをメリットとして感じている人も多いのでしょう。

  • Amazonのスピード仕事術に学ぶ

    Amazonは大手通販サイトのひとつです。利用したことがある人も多いのではないでしょうか。Amazonの特徴のひとつとして、とにかく対応が迅速である点が挙げられるでしょう。気づいた時にはもう着いているといったこともあります。

  • ミスをしない人の脳の習慣とは?

    仕事上のミスというのはあってはならないことです。しかしながら、人間ですから、どうしてもミスが生じてしまうこともあるでしょう。しかし、当然ながらミスが起こる場合と起こらない場合があります。さらには、ミスを起こす人と起こさない人がいることにも気がつきます。

  • 事務ミスの怖さを知る

    事務作業というのは誰しもやることが求められるものです。もちろん会社には事務員と呼ばれる人たちがいますが、彼ら、あるいは彼女らがすべての事務作業を担っているのかと言えばそうではありません。それはむしろ事務作業というのはあらゆる作業において、オールマイティな能力が求められる分野でもあると言えるでしょう。

  • テンプレートで書類を作る

    仕事において書類を作る機会は多いでしょう。これは数をこなしてなんぼといったものもありますね。そうした時に役立つのがテンプレートです。

  • すぐメモする習慣とは?

    学生時代でも、社会人になっても、メモを取る機会というのは一定数あります。堀宏史による『すぐメモする人がうまくいく』(自由国民社)は、そんな時に役立つメモ術を改めて見直した本です。

  • ビジネスパーソンのためのSDGsとは?

    ビジネスシーンにおいては日々、新しい用語が出てきています。なんとなく言葉は目にしたことがあっても、実際はどのようなものか、よくわからないという用語も多いでしょう。こうした用語のやっかいな部分は、ちょっとした自意識が邪魔をして、なかなか素直に聞けないところもあるでしょう。

  • 暗記術をビジネスに生かす

    暗記術というと、試験勉強などでしか役に立たない技術だと思ってはいないでしょうか。さらに、詰め込み式の日本の教育の負の部分を代表するようなイメージもあります。暗記術は応用も効かないような、ただ覚えるだけ、詰め込むだけといったイメージもあるかもしれません。しかしながら、そうした旧来のイメージはとても古い暗記術だと言えるでしょう。

  • プレイングマネージャのノート術とは?

    プレイングマネージャーとは、プロ野球をはじめとして、スポーツの世界ではよく耳にする言葉です。文字通り、現場の選手として働きながら、同時に監督しての立場もこなすというものです。これはスポーツだと特段注目されますが、一般の社会において同じような立場にある人は少なくないでしょう。

  • 思考のためのノート術とは?

    ノート術に関する本はさまざまなものが出版されています。そこにあるものは、パソコンやスマートフォン、あるいはタブレットなどのデジタルガジェットにおいてないがしろにされがちなアナログな思考を用いようとするものが多いでしょう。言葉を書き出すことによって思考がクリアになっていくといったことも言われています。

  • タスク管理のメモ術

    あれもこれもしなければいけない。ああどうしよう、何もできないといった状態、いわゆるデフォルトな状態になってしまった経験は誰しもあるのではないでしょうか。それがストレスとなり、さらに仕事の効率が下がっていくという悪循環に陥ってしまうことも多いと言えるでしょう。

  • 100円ノートのメモ術

    仕事をするからには、文房具も良いものを使いたいという人と、消耗品であるのだから使い捨て感覚でいいという考え方があります。しかし、もっとも重要なことは、それをどう活用するかではないでしょうか。

  • 仕事が早い人のメモとは?

    仕事におけるメモの必要性は、常々指摘されています。忘れないように記録として留めておくことですね。特に仕事が早い人はどのようなメモ術を行っているのか。その内容について記した本が伊庭正康による『会社では教えてもらえない 仕事が速い人の手帳・メモのキホン』(すばる舎)です。

  • 三色ボールペンを活用せよ

    情報の整理にはさまざまな方法が用いられています。本を読んでいて大事なところにマーカーでラインを引く人も多いでしょう。しかし、これでは本を読むときにチカチカとして目が痛いといったこともあります。そんな時に役立つのが三色ボールペンです。

  • 1日を27時間にするには?

    慌ただしい生活を送っている人の中には、1日が24時間しかないのは短すぎる、感じている人もいるでしょう。1日があと数時間長ければ、などとイフの思考をした経験は誰しもあるのではないでしょうか。

  • 学習する組織とは?

    会社という組織はどうしても、効率化が滞りがちなところがあります。成長を志向しないといってもいいでしょう。会社をはじめとした組織の発展に必要なものは、学習を続けることではないでしょうか。

  • 1分間ノート術に学ぶ

    ノートに関する著作は多く出版されています。そのほとんどがノートを常に持ち歩き、そこで逐一アイデアなどを書き込んでいくことの重要さが記されています。しかし忙しい現代人にとっては、そうしたノート術は実践したいと思っても、なかなか実行へ移せないというのが実際のところでしょう。

  • 知的生産術をプロに学ぶ

    日々の生活の中で知的な生産活動を目指すことは、ビジネスパーソンにとってはいわば必須の作業ともいえるでしょう。時間を無駄にしないことがなによりも重要なのです。