仕事の効率化

  • 大人の時間割を作ろう

    仕事をする上で、時間のコントロールが思うようにいかなかったことのある人は多いでしょう。なぜ、それができないのか。できるようにするにはどうすればいいのか。人々にとって深刻な悩みとなっていますが、実は簡単に解決できるのです。

  • 仕事には密度が大事

    ビジネスパーソンにとって、労働時間とパフォーマンスは比例しないものです。むしろ、長時間の労働が効率の低下をまねくことは誰もが承知でしょう。徹夜で仕事などと張り切っていても実際はダラダラしているだけ、というようなこともあります。

  • ミスをしない人の脳は?

    仕事においてミスはつきものです。大概の場合は、その場でカバーが可能なものですが、中には取り返しのつかないようなミスもあり、それは時として大問題となってしまいます。そんなミスはなぜ生じてしまうのでしょうか。

  • ノート会社によるノート術

    ノート術や手帳術について書いた本は多く登場しています。デジタルが普及したメディアにおいてもいまだに手書きのノートの役割は大切なものとされているといえるでしょう。そんなノート術の決定版といえるものが、コクヨ株式会社による『たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術』(KADOKAWA )です。

  • iPadを使った手書き仕事術

    いまや、ほとんどの人が手書きの文章を書くことがなくなる時代となりつつあります。パソコンすら使わず、スマートフォンやタブレットのみで操作するという人もいるでしょう。しかし、そういう時代であるからこそ手書き文章の重要さも際立つというものです。

  • 働き方は問題をあぶりだす

    ムダの多い働き方を効率的に変えたい、そう思う経営者は多いでしょう。さらに、ビジネスパーソン自身も、仕事のやりかたを変えたいと思いながらもルーティン的な仕事を繰り返しているという人もいるのではないでしょうか。

  • 人間の集中力の限界は?

    集中力は常に意識しますが、すぐに気が散ってしまうという人も多いでしょう。ですが、好きなことをしていると気づいたら朝になっていたなんていうこともありますよね。そんな集中力はどの程度持続するものなのでしょうか。

  • 方眼ノートの活用術

    スマホやタブレットが普及したことで、メモ書きもそういったデジタルガジェットで行い、ペーパーレスをすすめている人は多いでしょう。しかしながら、自分の考えなどをきちんと手で書き出すことによって記憶や思考が定着するのも事実です。

  • 生産性向上の秘訣は?

    会社員生活を送るにあたって、ほとんどの仕事はチームワークで行われています。もちろん、個人の裁量でできる部分もあるのですが、それも全体の仕事の進捗に貢献する必要があります。それぞれがまったく一人で完結できる仕事というのはまずないでしょう。

  • 「のろま」をやっつけるには?

    あとでやろう、いましなくてもいいや、そうしてあらゆる作業をあとまわしにしていませんか。今はよくても、それはのちのち大きな負債となって立ちはだかってきます。〆切りの直前になって「なんでもっと早くやらなかったのか」と後悔したことがある人は多いでしょう。

  • 先延ばしをノート一冊でなくす

    仕事や勉強において、先延ばしにしてしまうのは誰もがやってしまいがちなことでしょう。メールを一本送る、電話を一本かける、そんな小さなことでもおっくうに思い先延ばしにしているうちに、どんどん仕事の進みが後ろへずれこんでしまいます。先延ばしはして良いことはありません。漬物のように放置しておけば味が深まるということはないのです。

  • 集中力は状態として作り出す

    集中しなければと思っても、なかなか気が散ってしまってできないという人は多いでしょう。仕事においても、勉強においても、集中するということはひとつの大きな作業のようにとらえられています。

  • 健康管理とビジネスの関係

    ビジネスマンにおいてもっとも大切な要素は健康管理でしょう。健康管理は、自分でできる範囲の内容が相当数あります。仕事で最大のパフォーマンスを発揮するためには、健康管理がしっかりとなされた体が重要だと言えるでしょう。

  • メモには潜在意識が宿る?

    アイデアや自分の思考を整理したいけれども、なかなかうまくいかないという人は多いでしょう。そういう人はすべて頭の中で考えているため、思考がこんがらがってしまっているのかもしれません。そんな人におすすめなのは、まずは書き出してみることです。そうすることによって、これまで見えてこなかったものが見えてくる、そんな瞬間が訪れることでしょう。

  • 仕事ができるようになるには

    仕事ができる・できないは、会社員をする上でひとつの重要なジャッジとなります。仕事ができる人は出世ができる、給料があがる、そういった常識はあるでしょう。しかし、この「仕事ができる」という言葉ほどあいまいなものはありません。さらにどうすれば仕事ができるようになるのかについてもよくわからない人も多いのではないでしょうか。

  • 行動は早いに越したことはない?

    仕事をする上で、つい後回しにしてしまいがちなものもあるでしょう。明日できることは今日しない、といったことをしているうちにタスクがたまってしまい、目先の作業量に辟易としてしまう。そんな経験は誰しもあるでしょう。

  • 休息も戦略的に

    仕事をするにあたって、あなどれないのが休息です。それまでの仕事の効率が鈍ってきたなという時には適度な休息を取る必要があります。しかし、この休息も間違った方法で取ってしまうと、より効率が悪くなったり、あるいはだらだらと休息を取ってしまうといったことにもなりかねません。

  • 記憶術は効率が勝負

    物事を記憶するのは、時間も手間もかかる作業だと思ってはいないでしょうか。記憶は、時間をかければできるというものではありません。きちっと効率よく作業をこなしていくことによって、記憶力は格段に向上するのです。

  • 紙文具とは何か?

    普段、日常的に使っている文房具。それを自分のオリジナルなものにできたらどうだろうかと思ったことのある人は多いでしょう。ちょっとした工夫ひとつで、オリジナルな文房具は作れます。それを使えば、仕事や勉強がはかどることは必至でしょう。

  • メモ力で差を付けろ

    ビジネスにおいて、求められるスキルはあらゆる方面に存在します。営業力、コミュニケーション能力、外国語能力、マーティング能力、さまざまな能力がありますが、ないがしろにされがちなのが基本的なスキルです。基礎を達成しないままに、あらゆる応用を試そうとすれば失敗することは必至です。

3 / 3 « 最初 1 2 3