ビジネスパーソンのためのSDGsとは?

ビジネスシーンにおいては日々、新しい用語が出てきています。なんとなく言葉は目にしたことがあっても、実際はどのようなものか、よくわからないという用語も多いでしょう。こうした用語のやっかいな部分は、ちょっとした自意識が邪魔をして、なかなか素直に聞けないところもあるでしょう。


把握しておくべき言葉

そのような最低限把握しておくべき言葉としてSDGsなるものがあります。これは持続可能な開発目標というもので、ビジネスシーンにおいては欠かせない要素であるとも言えるでしょう。そのフレーズの極意を知ることができる本が足達英一郎、村上芽、橋爪麻紀子による『ビジネスパーソンのためのSDGsの教科書』(日経BP社)です。本書は、このSDGsという言葉について、予備知識がない人でも安心して言葉を把握できるようになっています。

業種別に

本書ではSDGsについて言葉そのものの解説はもとより、15のグループ産業別にSDGsのリスクと機会を分析が記されています。そのため、まずは言葉の意味を知るところから入門したいというビギナーはもちろんのこと、それぞれの業種で活躍中の人々であっても、応用編として本書を手に取ることによって役立つことでしょう。いわば、あらゆる職種には持続可能な目標が必要ですから、あらためてビジネスシーンの原点に立ち返るためにも、本書のような存在は必要であると言えるでしょう。

    
コメント