キータッチを静かにするには?

パソコンのタイピング音は、現代社会の新たなストレスの因子と言えるかもしれません。当然ながらパソコンなどの電子機器はかつてはなかったものですから、それは現代特有の問題となっているのでしょう。

なぜうるさくなる?

そもそもキータッチ音はなぜうるさくなってしまうのでしょうか。ひとつは指の圧の強さがありますね。指の圧が強すぎる人だと、あまりにタッチの際の力が強すぎてキーボードが壊れてしまうといったこともあるようです。特にエンターキーに関しては押す回数が多いわけですから、そのようなデメリットが生じることもありますね。

不安のあらわれ?

さらにキータッチ音がうるさい人は不安が大きいとも言えるでしょう。本当に入力されているかどうか、不安なために強く押し込んでしまうというものですね。確かにそういった要因もありそうです。

どうすればいい?

それではうるさい人に静かにしてもらうにはどうすればいいのでしょうか。まずは使用するキーボードの種類によって、音のうるささに変化が生じることもありますから、タッチ音が静かなタイプのものを選んでもらうといったことは必要でしょうね。さらにはきちっと本人に自覚してもらうということも大切です。ただ、そうした癖というのはなかなか周りから指摘ができないのも事実ではあります。そのため、やはり、自分自身でなんとか自覚するというのが、結局のところ、必要なのではないでしょうか。

キータッチはハラスメント

最近ではさまざまなハラスメントの種類があります。ラーメンやそばを食べる音がうるさいことによる「ヌーハラ」ことヌードルハラスメントなどがそれですね。キータッチ音のうるささはデジタルガジェットをめぐるハラスメントということで、さながら「デジハラ」とでも言いましょうか。気をつけたいものですね。