ミスをしない人の脳の習慣とは?

仕事上のミスというのはあってはならないことです。しかしながら、人間ですから、どうしてもミスが生じてしまうこともあるでしょう。しかし、当然ながらミスが起こる場合と起こらない場合があります。さらには、ミスを起こす人と起こさない人がいることにも気がつきます。


どうなっているのか?

ならばミスを起こさない人はどのような習慣を持っているか、そこに学べばミスを防ぐことができるのではないでしょうか。樺沢紫苑による『絶対にミスをしない人の脳の習慣』(SBクリエイティブ)は、精神科医で文筆業として知られる著者による脳のチューニングの本です。脳のうっかりをなくすためにはどうすればいいのか、そのメソッドが記されています。

無駄を減らす

脳の習慣をより良くするにはどうすればいいのか。そこにおいては、うっかりをなくすための整理が重要であると言えるでしょう。脳をしっかりとチューニングしていけば、うっかり何かを忘れてしまう、あるいは何かを勘違いしてしまうといったこともなくなっていきます。

どう使うのか?

本書は脳の頭の良し悪しといったものを語っているわけではありません。誰しも最適な脳へとチューニングを合わせていくことはできると言えるでしょう。それをうまくやっていくためにはどうすればいいのか、その処方箋というべきものが本書には記されています。

    
コメント