仕事に追われない仕事術とは?

仕事に追われている人というのは、あらゆる場所にいると言えるでしょう。最終的に追い詰められてしまうといったところもありますね。やはり仕事に追い詰められると生産効率が悪くなるというのも確かでしょう。そこにおいて理想的なものは仕事に追われないように仕事をするか、いかにそれを求めていくかということになりますが、これはある意味ではなかなか無理な相談とも言えるかもしれません。

どうすればいい?

そうした忙しいと常につぶやいている人におすすめな本がマーク・フォースター著作、青木高夫翻訳による『仕事に追われない仕事術:マニャーナの法則完全版』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。本書で取り上げられているのはマニャーニャの法則というものです。果たしてこれはどういうものなのでしょうか。

明日の法則?

マニャーニャとは、スペイン語で明日の意味があります。こちらは、今日発生した仕事は明日やるを鉄則とすることで、スムーズに仕事を片付けていくようにするよう目指すものです。確かに、一日分の余裕ができることで、休憩を取ったり、あるいは別の仕事を先に片付けるといったことができるでしょう。いわばプライオリティをどうつけるかの問題、仕事の順番をいかに管理するかの問題と言えるでしょう。たまった仕事をどう片付けていくかがポイントなのです。