オフィスの効率化は夢をかなえる?

仕事術に関する本は多く出ていますね。そこにおいてはコミュニケーションに主軸が置かれたものが多くあります。それはやはり仕事というのはフェイストゥーフェイスのコミュニケーションの中から生まれていくものであるといった基本があるためでしょう。確かにその傾向はあるかもしれません。しかしながら、もうひとつの要因として周囲の環境も関わってくるのではないでしょうか。

片づけてみる

そんなシンプルな法則に気づかせてくれるものが石崎充子による『夢を叶える:魔法のオフィス効率化メソッド ~7つの鉄板~』(ギャラクシーブックス)です。本書では会社運営にあたってランニングコストとして大きな負担となる事務職の運営や人件費を60%減らすことによって時間とお金の流出をピタリと止める方法について記されています。

なぜ夢を叶える?

オフィスの整理はなぜ夢を叶えることに繋がっていくのでしょうか。そこにおいては小さいオフィスほど、そうしたアウトプットが大きく生きてくると言えるからです。いわば、変えるべきところを変えなければ、これまでの習慣が残ったままになってしまうということもあるでしょう。

小さいところほど重要

本書で主に主軸として置かれているのは個人事情主や中小企業の事務所や、小売店舗の事務所などの比較的小規模な場所になっています。そういう場所であるからこそすぐに効果が現れる可能性も高く、本書に記されている内容をいざ実行へ移してみたくなるモチベーションも浮かぶかもしれません。