生産性の仕組みとは?

仕事において重要な要素として生産性があります。ただ机の上に座っているだけで仕事をしたつもりになってしまっているといった人がいますね。いわゆる生産効率が悪いといった言い方もできるでしょう。これはけっこうやっかいなものでもありますね。一見すると、仕事を何かしているように見えても、実は何もしていないといったことになりかねないからです。

最大化の重要さ

泉正人による『自分とチームの生産性を最大化する 最新「仕組み」仕事術 』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)では、仕事をどのように効率よく片付けていくのかといったことを作り出すための仕組みについて解説しています。もちろん、仕事の効率的なやり方といったものは、それぞれに方法といったものもあるにはあるのでしょうが、パターンとして見つけていくといったことがひとつの効率化を求めるにあたっては重要だと言えるのではないでしょうか。

やることが多い人に

やはり目の前にやることが多すぎるといったタスクを抱え込んでしまっている人にとっては、こうした仕組みというのは大きな励みになるのではないでしょうか。さらに、たまたまうまくいったといった偶然に左右されないところも、こうした仕組みを作り上げる上においてはひとつの大きな魅力であると言えるでしょう。さらに、仕事の最大効率は、ゆくゆくは社員の労働管渠の改善といった部分にも繋がっていきますので、そうした部分に興味がある人にとってもおすすめの本です。