段取りの教科書に学ぶ

ビジネスシーンにおいて重要なものとして、段取りがあります。この順番をしっかりと捉えていないと、何度も同じ場所を往復してしまうといったことがあります。それは最終的にはビジネスシーンにおいてはムダを増産することになってしまいますね。そうなると、なかなか良い方向へと向かうことも難しくなってしまうのではないでしょうか。


どうすればいいのか?

そうした段取りの重要さを記した本が水野学による『いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書』(ダイヤモンド社)でしょう。本書では複数の物事を同時に早く処理していくにはどうすればいいのか。その段取りの極意について記されています。

鉄則は何か?

本書に記されている鉄則というべきものはなんでしょうか。まずは「すべての仕事はルーティンである」といったものがあります。これは、確かに重要な自覚ですね。だからこそ、タスクをどのように処理していくかについて思考が動くものはあるでしょう。さらに、なるべく「ボール」を持たないようにする、というものもあります。これも、ごちゃごちゃと物事を溜め込んでしまわないためには重要です。すべて見えているものの中で仕事をこなしていく必要があると気付かされます。さらに仕事が入る「時間ボックス」の用意についても記されています。時間がなければ作ればいい、そのことをどう自覚してゆくかが重要なのでしょう。

    
コメント