半径5メートルを最適化する

職場の改革の必要性などはあらゆる場所でさけばれています。しかしながら、なかなか最初からうまくいくものは少ないですよね。ともなれば、自分でできることを、できる範囲で変えていくというのもひとつの方法ではあるでしょう。

最適化仕事術

そうした中で半径5メートルを最適化して仕事をしていくにはどうすればいいのかということをひとつのアイデアとして提示した本が佐々木希世による『「半径5メートル最適化」仕事術 おしゃべりな職場は生産性が高い』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。本書は世界各地の職場で働いてきた著者による実践的かつ経験論による本です。

楽しく結果を出す

本書において強調されているのは、仕事は楽しむものであり、そこから楽しんで結果を出すことへ向き合っていくことの大切さです。まわりとのコミュニケーションを蜜に取っていくことにより、職場の回り方が円滑にすすんでいくことがあるにはあるわけですね。ちょっとしたことを変えていくというのは大事であるといえるでしょう。

半径五メートルの最適化

職場がなかなか変わらないと不満を持つ人は少ないですが、そこはまずは自分が変わらなければ変化がないというのもあるでしょう。なによりもそこからは半径五メートルの改革がひとつのキーワードとして出てくるのかもしれません。