斜め読みのやり方は?

斜め読みと呼ばれるものがあります。資料などに目を通さなければいけないのだけれども、時間がないといったときに使われるものですね。全体の流れをつかむために、細かい部分を飛ばしていくといったことです。具体的にはどういった方法があるのでしょうか?

どういった方法がある?

斜め読みにはさまざまな方法がありますが、まずベターなのが、ひとまずページをめくるという方法ですね。大体の本というのは章立てや、さらに細かい構成になっていますので、1ページあたり数秒くらいの時間をかけて眺めていくというものです。これにより、大体どういった内容が記されているのかといったことや議論の流れのようなものはつかめるかもしれません。もちろん、この手の方法が通用するのは、ビジネス書や新書本といったものですから、小説などにおいて行うことはできないでしょう。

目次を見る

さらには目次を熟読してみるというのも、ひとつの方法ではあるでしょう。こちらも、全体像を見渡すのに最適なコンテンツであるといえるでしょうね。目次を見るのと先にあげたひとまず全ページをめくるといった方法を組み合わせればいいといえるでしょう。

書評を見る

さらにはネット上には無数の書評や感想といったものがあります。こうしたレビューでは全体の流れを追ってくれているものもありますので参照にして見ても良いでしょう。もちろん、これは、裏技であり、きちんと読むに越したことはありません。