タスク管理のメモ術

あれもこれもしなければいけない。ああどうしよう、何もできないといった状態、いわゆるデフォルトな状態になってしまった経験は誰しもあるのではないでしょうか。それがストレスとなり、さらに仕事の効率が下がっていくという悪循環に陥ってしまうことも多いと言えるでしょう。


ストレスフリーなメモ術

とゆによる『メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条』(インプレス)は、創薬企業で働く著者が、毎日のようにある締切をどのように管理していったかという実体験をもとに記したものです。著者自身最初はタスク管理がうまくできない人であったところに読者の共感を呼ぶポイントがあると言えるでしょう。

どうすればいいのか?

本書では著者が試行錯誤の中で編み出していったテクニックが記されています。とはいっても、そこにあるものは決して専門的な内容ばかりではありません。思いついたことをはすぐにメモをとること。さらにはその紙をなくさないように管理するにはどうすればいいか、といった基本的な部分に注目しています。

なによりも習慣づけ

さらには、一度こうしたことを実践してみようとしてもなんでも三日坊主になってしまう人のために習慣づけの大切さも説かれています。まずはこうした分野の基本を押さえたい人にとっては最適な一冊だと言えるでしょう。

    
コメント