チームワークを高めるゲームとは?

仕事というのは一人でやるものもありますが、ほとんどはチームワークで行うものだと言えるでしょう。当然ながら、そこでどのように円滑に仕事を進めていくのかというのは、どれだけそれぞれの能力が発揮されていくのかということに加えて、仕事の息が合うのかといったことも必要ではあるでしょう。

どのように作っていく?

チームワークというのは一朝一夕に作られるものではありません。やはり、きちっと関係性、信頼性を作り上げていく必要があると言えるでしょう。そこにおいて参考になる本がブライアン・コール・ミラー著作、富樫奈美子翻訳による『2人から100人でもできる! 15分でチームワークを高めるゲーム39』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

あらゆる場面に応用可能

本書は、第一線で活躍するリーダーの自身と能力の強化を専門としている人物です。そうであるがゆえに、それまでの体験にもとづいて、しっかりとした実践的な内容が用意されていると言えるでしょう。さらに本書はあらゆる場面、人間が関わる場所であるならば、そこにおいては役立つシチュエーションやコンテンツが用意されているということがあげられるでしょうね。それゆえに、いわばビジネスシーンにおける作業といったものばかりではなく、学校や塾といった場所においても役立つ内容がそろっています。人間関係の構築や、マネジメントといったものに関して一番ベーシックな部分が記されているものですから、まずは入門編にと手に取るのもいいですし、原点を確認する意味で読んで見るのも良いでしょう。