ラクして早い仕事術とは?

仕事はつらいものである。これは先入観のひとつと言えるでしょう。仕事はつらく厳しく、それが結果につながるというのがひとつの考え方としてあるのは認めましょう。しかしながら、仕事というのは膨大なタスクを処理していくわけですから、それぞれの仕事をどの程度効率よくこなすかに注目が集まっているとも言えるでしょう。

ラクして早い仕事術とは?

松本利明による『「ラクして速い」が一番すごい』(ダイヤモンド社)は人材コンサルタントとして多くの企業を見てきた著者による仕事をどのように効率よくこなしていけばうまくいき、企業にとって利益となりうるかを追求した本です。

最後の目標は何?

ラクして早い仕事術の最終的な目標としては何が掲げられているのでしょうか。本書を読めばわかるとおり、そこにおいては、目の前の困難を前にして考え込んでしまう、立ち止まってしまう非効率をいかに避けるかに力量が置かれていると言えるでしょう。そうした無駄な時間をなくしていくことで仕事がうまく回り始めるようになります。さらに組織の壁、仕事の壁をどのようにうまく活用していくかについても記されています。このような段階を経て最終的にどのようになるのかと言えば、自分で仕事を見つけ課題を見つけて、うまくこなしていけるようになるわけです。それが仕事の効率化といったところにつながると言えるでしょう。