出世するビジネスパーソンの特徴

「なるべく早く出世したい」というのはビジネスマンの共通の願いでしょう。仕事を懸命にやっているつもりなのに、なかなか上司から受け入れてもらえず、出世できない……という人も少なくないでしょう。では、出世できない人、出世できる人の違いは何があるのでしょうか。出世できる人の特徴を今回はご紹介します。


■気配りができる

いかに頭が良くても、それだけでは出世できないのがビジネスのルールです。より上の役職に就くということは、上司、部下それぞれとうまくやっていく必要があります。そこで職場でどれだけ気配りできるかが出世の大事なポイントになるのです。

■大きくハキハキと話す

出世するということは、部下をリードする立場になるということが求められます。声が大きくてハキハキと快活に話す人は他人を安心してリードできるので、上司に選びやすいのです。

■会議では前向きかつ具体的

会議で生産的な人間は、もちろん評価の対象になります。会議を生産的なものにするために、前向きで具体的な言葉を口にする人は評価されるのです。逆に、後ろ向きだったり、抽象的な発言をすると、周りの評価が下がってしまうので注意しましょう。

■健康である

たとえ出世しても健康上無理して、倒れてしまったら水の泡になってしまいます。そのことを考えると、不健康な人間を昇進させないのは当然のこと。ビジネスマンたるもの、自己管理を怠るなという教訓でもあるのです。

■経営者感覚を持っている

どんなに優秀でも、必要以上に経費を出している人は出世しません。そもそも、経営者と同じ感覚があれば、支出以上の利益を出して、経費を無駄に使おうとはしないはずです。経営者感覚で、会社のお金を考えられる人間は、会社にとって非常にありがたい人物なのです。そのため、会社のお金を経営者感覚で使えるビジネスマンが出世するというわけです。

当たり前のことかもしれませんが、これらができるかできないかで出世できるかどうかは変わってきます。注意して実践してみてはいかがでしょうか。

「あたりまえだけどなかなかできない出世のルール(浜口直太)」の詳細を調べる

    
コメント