ゆとり世代の新入社員のための上司攻略完全マニュアル

「ゆとり世代」が新入社員として入社してきている現在。そんな新入社員がまず苦労するのが、上司との関係性なのではないのでしょうか。頑張っているのに高く評価されない……など数々の悩みを抱えている人も多いことかと思います。そこで今回は、『入社1年目から使える「評価される」技術』の中から、上司との人間関係を円滑にして、高い評価を受ける方法をご紹介します。


■会社で成功するには「好かれる」こと

もちろん会社は仲良しクラブではありませんが、会社で成功するためには「人から好かれること」が重要です。一人では成し遂げられないことも、周りの人が応援してくれれば成し遂げられることがあるからです。たとえ能力が高くても、上司との人間関係が良好でなければ、評価されることはありません。

そこで評価されるために最も重要なのが、「認めてほしい相手を先に認める」ことです。自分に好感を持ってくれる部下に対して悪い気持ちを持つ上司はいません。上司が必要としているのは、自分のことを認めてくれて助けてくれる部下にほかならないのです。

■出世するためには上司の心を満たす必要がある

会社では、評価するのは上司です。そのため、最重要事項は上司に認めてもらうことになります。なので、出世するには、上司の心を掴まなくてはなりません。上司に気に入られるためには上司のニーズを満たしてあげる必要があります。それはつまり、上司が何を望んでいるのかを察して、それを最優先で叶えてあげるということです。まずは、上司に頼まれた仕事は最優先で片付けるよう心がけてみましょう。

けれども、上司が全員尊敬できる人だけではないこともあるでしょう。そこで上司のタイプ別の対応法をご紹介します。

■「VS相性や価値観の合わない上司」

相性や価値観の合わない上司の場合には、最初の段階では、その上司のことを好きだと思いこむことが必要です。いい部分を見つけて、好きだと思いこみましょう。上司の言うことに異議を唱えず、忠実に従い、最優先することで、「あなたが上司に好感を持っている」という気持ちが通じるはずです。

たとえ自分のほうが優秀に感じたとしても、決してそれを顔に出してはいけません。上司を馬鹿にすれば、それは必ず伝わってしまいます。そうすると、上司は軽く扱ったあなたのことを嫌いになってしまいます。どんなに優秀でも、頭がよくても、社交的であっても、上司より目立ってはいけません。必ず上司の影になりましょう。

■「VSいばる上司」

いばるという行為は、自分をもっと認めろというアピールにほかなりません。いばっている上司は自分を褒めてほしいというシグナルを送っているのだから、どんどん褒めてあげましょう。褒め方がわからなければ、上司がいばっているワードを繰り返すだけでも問題ありません。上司だって人間ですので、自信がないときほど強く見せようとします。その気持ちを察してあげることが大事です。

■「VS怒鳴る上司」

上司が怒鳴る時には、下記のようにいろいろな原因があります。

  • ただ機嫌が悪く、八つ当たりしているだけなのか
  • ミスに対して怒っているのか
  • 業績が思うように上がらないので、不安が増幅されて怒鳴っているのか

上司が怒鳴っている時には、感情を逆なですることはしてはいけません。人は、自分の弱いところを見透かされることを恐れます。それを見抜いた人を無意識に嫌うこともあるのです。

そのため、感情からくる非難の言葉は聞き流しましょう。相手が怒鳴ったときは、冷静になって事実や求めていることだけを抜き出し理解するように努めてみましょう。例えば、

「どうして、こんな業績しか出せないんだ! 一体何をやっていたんだ。それだからおまえはダメなんだ。具体的な計画書を出すように。もっと成績を上げないとボーナスが出ないぞ」

という非難の言葉には、「具体的な計画書を出す」という意味しかありません。「申し訳ありませんでした。早急に計画書を出します」と冷静に対応すればよいでしょう。

ただし、明らかに人格を傷つけるようなモラハラ(モラルハラスメント)や、犯罪行為に加担するようなことの強要、いじめに近いことがあれば、しかるべき部署や人事に相談しましょう。

■「VS理不尽な上司」

理不尽な上司に対しても、感情に任せて行動してはいけません。上司が自分の要求が理不尽かどうかを認識しているかを冷静に判断するのです。

上司の発言が理不尽だと認識している場合を考えましょう。達成不可能なノルマを要求されたら、ポジティブに「わかりました。やります!」と明るい表情で対応すれば、上司は結果がどうであれ、前向きなあなたを評価するはずです。何も悪くないのに怒鳴られても、言い訳をせずに悪びれず「申し訳ございません」と謝罪すればいいだけの話なのです。

上司が自分の発言が理不尽だということに気づいていない場合には、自分の評価を上げる方法はないので、無駄な労力を使うのはやめたほうが得策です。大切なのは、理不尽な理由で叱られても、決して落ちこんだり、自信をなくしたりしないことです。一度自信をなくしてしまうと、もともとよい部分も引っ張られてミスを誘発することもあるので、気持ちを切り替えるコツを身につけておきましょう。

上司との人間関係で悩むことは尽きないでしょう。上司との不和はマイナスにしかならないので、冷静な対応で人間関係を築いてみましょう。

「入社1年目から使える「評価される」技術(横山 信治)」の詳細を調べる

    
コメント