世渡り上手がてほどく!! 出世に役立つ5つのテクニック

ここ20年不況が続いている日本。かつてのように、仕事を続けていれば上手い感じに世の中が渡れるだろうという時代は既に過ぎ去ってしまいました。現代においては自分でチャンスを作り、勝ち取っていくことが必要です。今回は世渡り上手から仕事をする上で頭に入れておくべき5つのテクニックを紹介します。


出世に役立つ5つのテクニック

1. 喜ばれないことは他人に回す

出世をするためには他人に喜ばれることをやるのが一番の近道。喜ばれることは自分でやり、喜ばれないことは人にやらせることで無駄な力と無駄な敵を作らずに済みます。

2. 真実を告げるのは数人に留める

真実だけで出来ている世界なら良いのですが、現実は沢山の嘘にまみれています。公では建前や理念を元に話し、限られた人達にはリアリティや本音を話すべきです。

3. 終わり方を重視せよ

周りの人が自分の苦労を一から見ているということはあり得ません。「終わり良ければ全て良し」があるように、世間は手段ではなく結果を見ているのです。

4. 人の期待感を下げる

人の期待感が高まるとプレッシャーが高まります。それによって力を発揮する人もいますが、力を発揮できない人の方が多いでしょう。普段は横柄なガキ大将として描かれる一方で、映画版では活躍を見せることで評価を急上昇させるジャイアンのように、評価が低い中で成功したほうがイメージを残せるのです。

5. 失うもののない人と争わない

失うものがない人と戦って得るものは何もありません。その際は争わずに相手に勝ちを譲り、自分の目標に集中するのが得策です。

相手に与える印象は見せ方、やり方次第で大きく変わります。いかに効果的に伝えることが出来るかが鍵。明日から実践してみてはいかがでしょうか。

『本当に役立つ「人生の智恵」ノート(バルタザール グラシアン, 星野 響)』の詳細を調べる

    
コメント