出世する方法。仕事の成果をあげ上司の強みを活かす

上司との人間関係は良好ですか? 出世するには、仕事の成果を上げ上司の強みを活かす事が必要となります。出世するための上司活用テクニックを紹介します。


■上司の強みを活かす

成果をあげるためには、上司の強みを活かす必要があります。企業、政府機関、あらゆる組織において、「上司にどう対処するか」について悩まない者はいません。

上司の強みを活かすこと。

これは、世渡りの常識です。現実は企業ドラマとは違います。部下が無能な上司を倒し、乗り越えて地位を得るなどということは起こらないのです。上司が昇進できなければ、部下はその上司の後ろで待つだけなのです。たとえ上司が無能や失敗のために更迭されても、有能な次席があとを継ぐことは少ないでしょう。外から来る者があとを継ぐからです。そのうえその新しい上司は、息のかかった有能な若者たちを連れてきます。そのため、優秀な上司、昇進の速い上司をもつことほど、部下にとって助けとなるものはないのです。

しかも、上司の強みを生かすことは、部下自身が成果をあげる鍵になります。上司に認められ、活用されることによって、初めて自らの貢献に焦点を合わせることが可能となるからです。

■どうすれば上司の強みを活かすことができるか

もちろんへつらいによって、上司の強みを活かすことはできません。なすべきことから考え、それを上司にわかる形で提案しなければなりません。上司も人のため、強みとともに弱みを持ちます。しかし上司の強みを強調し、上司が得意なことを行えるようにすることによって、部下も成果をあげられるようになります。上司の弱みを強調したのでは、部下の弱みを強調したときと同じように、意欲と成長を妨げます。そのため、

「何をよくやったか」
「強みを生かすためには、何を知らなければならないか」
「成果をあげるためには、私から何を得なければならないか」

を考える必要があります。上司が得意でないことをあまり心配してはいけません。上司も人であって、それぞれの成果のあげ方があることを知らなければならない。上司に特有の仕事の仕方を知る必要があります。まず、人には、読む人と聞く人が存在します。

■上司は読む人? 聞く人?

読む人に対しては、口で話しても時間の無駄です。彼らは、読んだあとでなければ、聞くことができません。逆に、聞く人に分厚い報告書を渡しても紙の無駄です。耳で聞かなければ、何のことか理解できないからです。

上司の強みを考え、その強みを生かすには、問題の提示にしても、「何を」ではなく「いかに」について考えなければいけません。何が重要であり何が正しいかだけでなく、いかなる順序で提示するかが大切なのです。

誰もが人のことについては専門家になれます。本人よりもよく分かります。そのため、上司に成果をあげさせることは、かなり簡単なのです。上司の強みに焦点を合わせればよいのです。上司の強みを活かし、仕事の成果を上げ出世を目指しましょう。

「プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))(P・F.ドラッカー)」の詳細を調べる

    
コメント