社内で自己アピールは不要? 上司から評価される方法

努力しているのに評価されない、結果を出しているつもりなのに、給料が上がらない……など数々の悩みを抱えている人も多いことかと思います。実は、仕事がよくできるからといって、評価されるわけではないのです。そこで今回は、上司から評価される人になるための方法をご紹介します。


■評価されるための大原則

評価される人間になるにあたって、まず、「すべての人間は自分を認めてほしい」と望んでいることを認識しなくてはなりません。人間というのは他人からどう思われているか、どう扱われるかを通じて、「自己重要感」を満たす生き物であると考えるのです。つまり、評価されるためには、上司や同僚の「自己重要感」を向上させなくてはならないのです。逆に、上司の「自己重要感」を低下させてしまう人は、どんなに優秀な人でも組織にとっては必要なくなってしまいます。

■自己アピールをしない!

自己アピールをするということは、自分の「自己重要感」を高める一方で、相手の「自己重要感」を下げてしまいます。そのため、自己アピールを抑えて、相手のために黒子に徹することが「評価される」方法なのです。

▼課長と二人で商談に行った時

例えば、あなたが営業マンで、上司である課長と二人で一緒に営業に出かけて、大きな商談を成立させた時を考えてみましょう。本音では、気難しい先方の社長とアポイントがとれたことが一番の手柄だと思っていたあなたが、アポイントをとるのに自分が苦労したことをアピールしようと、

「商談が成立してよかったです。あの社長とアポイントをとるのに苦労しましたから。しかも、あの提案書を作るのに昨日徹夜しました」

などと課長に言ってしまっては、課長の「自己重要感」は下がってしまいます。逆に、自己アピールを抑えて、

「さすが課長ですね。雑談から自然と本題に入っていく話法は素晴らしかったです。そしてクロージングのタイミングは抜群でした。私もいい勉強になりました。ありがとうございます」

と、課長の功績を称えることで課長の「自己重要感」は満たされ、自分も課長からの信頼を獲得できるのです。

▼後日、同僚と商談についての話をする時

「あの商談は実は僕が根回しして、気難しい先方の社長とアポイントがとれたからうまくいったんだ。作成した提案書も先方の社長のニーズを満たしていたから。一応課長に同行してもらって、手柄は課長になっているけど、本当は僕の手柄なんだ」

という旨の発言を同僚に伝えたとしましょう。そんな自慢話は必ず課長に伝わってしまいます。すると、課長からの信頼もなくし、話した同僚からもマイナス評価を受けてしまいます。自慢話は、自分の欲求を満たす反面で、相手の「自己重要感」を低下させてしまうのです。一方で、同僚に対しても

「あのときの課長の話術は素晴らしかった。誰もが惹きつけられるよ。クロージングのタイミングも年季が入っている。実に勉強になった」

と課長の賞賛をすることで、同僚からも課長からも高い信頼を勝ち取ることが出来ます。最初から最後まで自己アピールを抑えるということを意識しなくてなりません。

■自己アピールをせずに、自分を満たす方法

もちろん誰もが、自分の努力を認めてもらいたいという気持ちを持っているので、ついつい無意識のうちに自慢話をしたくなることも。そこでオススメな方法が2つあります。

1. 利害関係のない友人たちに、分散して軽く話を聞いてもらう

一人に延々と話を聞いてもらうのではなく、何人かに分散して、軽く聞いてもらう程度であれば、友人も気持ちよく聞いてくれるでしょう。

2. 自分で自分を褒める

鏡を見ながら、自分の成功体験を思い出し、自分が優秀な人間であると褒めてあげましょう。よく頑張っているとたくさん認めてあげて、笑ってみると気分も楽になります。

■誰とでも親切にする

相手の「自己重要感」を高めるために、自分が相手のことをどれだけ尊重しているかということを伝えようと、自然と相手に対しては親切な態度をとるはずです。けれども、人は気を抜いた瞬間に本音が出てしまいます。自分の利害関係を感じられる人にだけ親切にしても、意味がありません。コミュニケーションの達人は、どんな人にも分け隔てなく親切にして、相手の自己重要感を満たすように努めるのです。この世は因果応報なので、あなたのとった態度が将来、あなたが人から与えられる態度となって返ってくるのだと考えるようにしましょう。

今回は、『入社1年目から使える「評価される」技術』から、上司や同僚から評価されるための大原則をご紹介しました。いまいち評価されていない……と感じる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

「入社1年目から使える「評価される」技術(横山 信治)」の詳細を調べる

    
コメント