問題解決にはツールを使え

ビジネスシーンなどにおいて問題にぶち当たることは多いでしょう。そこでは、とりあえずぶつかってみるといったことはあまり推奨されません。ビジネスにおいてそうした動きをすることは損をするのが確実であるからです。


ツールを使う

そんな問題解決にあたってツールを使う有効さを説いた本が読書猿による『問題解決大全:ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール』(フォレスト出版)です。本書では問題解決のツールを哲学、宗教、神話、文学、歴史、経済学、人類学などといった文化系にくくられる学問から、数学、物理学、生物学、看護学、計算機科学、品質管理など理科系の分野まで幅広くフォローしています。これだけ広範囲のフォローがあるならば、その中から問題解決に関して最適なツールを見つけ出すことができるでしょう。

ひとつに絞っていない

本書の特徴は問題解決の手段をひとつに絞っていないことですね。そうすることでそれぞれの問題に関して、それぞれの解決の手段を見つけることができますし、場合によっては複数の手段を組み合わせることもできるでしょう。問題解決は、幅広い視点を持つことによって解決へ至る可能性が高まります。本書はそうした原点に気づかせてくれる本だと言えるでしょう。

    
コメント