出世診断! ビジネスで成功するために避けたいこと。

厳しい時代に生き残るには出世することが大事です。いくら恋人といるのが幸せだといっても、お金が無ければその幸せは長続きするものではないでしょう。そこで今回はビジネスで成功するために避けたいことをまとめました。


■出世診断7項目

1. 周りのせいにしがち

ピンチや失敗を周りのせいにしがちな人は要注意です。誰が見ても自分のミスである場合は問題外です。そもそも、周りの人だけによって起きたことではないですし、後々のチーム作業にも影響を及ぼしかねません。

2. 「見る目がない」発言

「うちの上司は見る目がない!」と言っている人は周りにいないでしょうか。こういった発言はいただけません。現実として、見る目がない上司は存在します。ですが、その時は他の有力者にアピールするのが吉かと。

3. 強情すぎる

スティーブ・ジョブズの影響で、意見は絶対に曲げない、などと考える人が最近ちらほら見られます。確かに、生き方としてはアリです。しかし、スティーブ・ジョブズのように優れた才能を持っていない限りプラスに働くことは稀でしょう。

4. アドバイスをもらいたがるのに実行しない

すでに自分の中で答えが決まっていたり、天邪鬼な性格の人にありがちなコレ。アドバイスをあろうがなかろうが変わらないというのは時間の無駄でしかありません。加えて、アドバイスを貰った人へのリスペクトが欠けています。

5. やたらと専門用語や横文字を使う

やたらと横文字を使いたがる人っていますよね。確かに、専門用語や横文字はそれらを完全に理解している人の間ではコミュニケーションコストを下げる効果を持っているのですが、知らない人との間ではコストを上げる効果しかありません。

6. 若手のくせに、下請けの年上社員やパートさんに対して態度がでかい

出世するには実力だけでなく、身のこなし方も重要なポイントです。実績や実力が最も重要な世界で、未だに礼儀やマナーが存在する意味をもう一度考える必要があります。

7. 待ち合わせや会議に、なぜかいつも4~5分遅れる

プラスの印象は消えやすいですが、マイナスの印象は消えにくいです。大きなミスではないですが、ボディーブローのように自分の評判を下げることにつながります。

ビジネスをやるからには出世したいもの。ちょこっと意識してみてはいかがでしょうか。

「あなたの印象がダンゼンよくなる! 会社で「やってはいけない」43のこと(井垣 利英)」の詳細を調べる

    
コメント