就職活動

  • グラフ誌ってなんだ?

    グラフ誌と呼ばれるものがあります。写真を主体とした大判の雑誌であり、かつては世界各国で発行されていました。グラフ誌は、通常の雑誌に比べてビジュアル的な要素が強く、海外の雑誌であっても外国語が読めなくとも雰囲気を感じ取ることができる雑誌です。海外のグラフ誌などを眺めていると、まるでこの国に旅をしているかのような感覚が得られるのも魅力です。

  • 「文藝」増刷なぜすごい?

    文芸雑誌の『文藝』2019年秋季号が増刷となり話題となっています。この雑誌が増刷となったのは1933年の『文藝』創刊号以来はじめての快挙です。これは出版業界においては大きなインパクトがあったと言われています。なぜこれほどすごいのでしょうか。

  • 図書券まだ使える?

    古い荷物を整理していたら、昔もらった図書券が出てきたといった体験をした人はいないでしょうか。図書券はいまは図書カードに取って代わられています。それでは図書券はもう使えないのかと思いきや、そんなことはありません。

  • 本の宣伝著者がすべき?

    本は売れない時代になっていると言われています。確かにそれはあるでしょう。出版業界全体がシュリンクというべき縮小化に向かっているのは間違いありません。もちろん、電子書籍といった新しいメディアに取って代わられているといったことも言えるでしょう。しかし、電子書籍が紙の本が売れなくなった分をフォローできるほど売れているかと言えば、疑問符がつきますね。

  • 本の売上なぜ初速が大事?

    本の売上において初動や初速が大事であると言われています。しかしながらなぜそれほど初動が大事なのでしょうか。本というのは、生鮮食品のように放っておけば腐ってしまうというものではありません。むしろ、いつでもどこでも保存をしておいて読めるものでもありますから、いつでも読んでいいものように思えるのですが、なぜ初動が大事なのでしょうか。

  • エディター、ライターの必須基礎知識とは?

    ライティングの仕事というのは、ネット上には多く溢れています。いわば経験なしから、すぐにはじめることができる仕事だと言えます。もちろん、パソコンやインターネット環境といった最低限の設備は必要でしょう。スマホのフリック入力だけで書くといったことも不可能ではありませんが、現実的なものではありません。

  • 号外なぜ高値で取引?

    2019年4月1日に新元号が発表されました。これを報じた新聞号外がネットオークションなどで高値で取引されています。これはなぜでしょうか。

  • 古本屋はもうからない?

    本好きや雑誌好きの人にとっては、いつかは古本屋を開いてみたいと思う人もいるかもしれません。しかしながら、古本屋をやるにあたって覚悟が必要なのは、それほど儲かる商売ではないということですね。商売をする目的というのは人それぞれにあるでしょう。そこにおいて儲けたいというのも立派な動機のひとつです。それを叶えるにあたって、自分の目指す分野は妥当であるのか。いちど立ち止まって考えて見る必要はあると言えるでしょう。

  • 『噂の眞相』の裏側を知る

    雑誌『噂の眞相』の編集発行人を務めていた岡留安則さんが、2019年1月31日に71歳で亡くなりました。『噂の眞相』といえば、反社会権力やスキャンダルなどタブーなき雑誌として1979年から2004年まで発行されていた月刊誌です。

  • 一般常識は何を意味する?

    就職活動などで一般常識と呼ばれる問題が出されることがあります。一口に一般常識と言われても、幅広い範囲を指すものでありますから、具体的に一体何を示すのかということを疑問に思うこともあるでしょう。

  • 『週刊SPA!』の歴史は?

    『週刊SPA!』(扶桑社)の一部の記事が問題となっています。ギャラ飲み特集において、女子大生のランキングを学校ごとに不適切な表現で行ったためです。『週刊SPA!』は出会い系アプリを取り上げるなど、俗っぽい記事を多く掲載してきており、これは雑誌の体質そのものの問題ではないかとも言われています。そもそもこの雑誌は週刊誌でありながら、週刊誌らしくない紙面作りで知られてきました。『SPA!』の歴史とはどのようなものなのでしょうか。

  • 文庫本なぜ安い?

    文庫本は読書好きにとっては重要なアイテムですね。サイズが小さいためかさばることがありませんし、値段も単行本に比べると安めになっています。もともと単行本から文庫本化までのペースは3年ほどが目安とされてきましたが、最近は1~2年で文庫化される作品も多くなってきています。さらに、最初から文庫版オリジナルとして出版されるものもあります。

  • 就活ジプシーとは何か?

    就活に関しては毎年さまざまな新語が生まれています。そのひとつとして就活ジプシーなるものがあります。これはいったいどのようなものなのでしょうか。

  • 就活対策の総合本

    就活にはさまざまな対策が必要です。その中で面接対策などが先んじてしまい、ついおろそかになりがちなのが時事用語や一般常識などでしょう。普段からテレビのニュース番組や新聞をチェックしていれば良いのでしょうが、ネットニュースに頼りがちといった人も多いでしょう。それでは万全の対策ができているとは言い難いですね。

  • ゲラとは何か?

    よく出版用語で「ゲラ」と呼ばれるものがあります。「ゲラを直す」「ゲラが出た」といった使われ方をします。そもそも、ゲラとはどういったものなのでしょうか。

  • 文庫、新書のサイズはどのくらい?

    コピー用紙にはA3やA4といったものがあります。それならば文庫本や新書本のサイズはどのくらいの数値になるのでしょうか。

  • 就活をトータルに捉える

    就職活動は、これまでの受験勉強とは異なるものです。学力はもちろんのこと、人間力まで含めて見られます。そんな就活には、それぞれのやり方があります。ある程度オーソドックスな流れがあるとはいえ、それ以外にも王道ではない方法もあるということですね。

  • 就活のトリセツに学ぶ

    就職活動にマニュアルはないと言われています。もちろん面接術などのマニュアル本などは多く出ているのですが、それらの本は通り一辺のことしか書いていません。いわば型にはまった思考や発言しかできないことになります。当然ながら面接のときにマニュアル通りの受け答えしかできないというのは印象が悪くなることもあるでしょう。

  • 「ウィキ直し!」とは何か

    ウィキペディアは、手軽に参照できる情報源として利用している人が多いでしょう。しかしながら、それはインターネット上に展開されている無料の百科事典といった形を持っているものの、場合によって不正確な記述があるものも少なくありません。

  • もうひとつの「ミニコミ」とは?

    ミニコミとは、少ない部数で発行される雑誌のようなものを指すのが一般的です。マスコミに対して、小さい、小規模を意味するミニをつけてミニコミというものです。もちろんこれはマスコミ自体が和製英語でありますから、和製英語に対する和製英語といった位置づけになりますね。では、もうひとつのミニコミがあるのをご存知でしょうか。

1 / 21 1 2 3 4 5 最後 »