合同企業説明会とは。合同企業説明会のメリットと注意点

企業説明会といえば、個別企業説明会だけをイメージしがちですが、たくさんの企業が集まる合同企業説明会を知っていますか? 合同企業説明会に参加すると多くの会社を見て回ることができます。就活に役立つ合同企業説明会に関する情報を紹介します。


合同企業説明会とは

多数の企業が一箇所に集まり開催される企業説明会です。「合説」とも呼ばれ、就職フェア、企業展なども合同企業説明会となります。国際展示場などの大きな会場に多数の企業がブースを出展します。学生は各ブースを回りながら企業の説明を聞くことができる説明会です。合同企業説明会は大規模化が進んでおり、1万人以上の学生が参加する合同企業説明会もあります。

合同企業説明会のメリット

合同企業説明会のメリットは、1度出かけるだけで多くの会社の説明を受けれることです。就職初期は、大企業だけに目が行きがちですが、合同企業説明会に参加すると、いろんな会社の雰囲気や業界の特徴などに触れることができるので、自分が探していた会社を見つけやすくなります。

また、説明会の参加人数が少ない場合は、社員と多くの時間交流をすることができます。入りたい企業があれば様々な情報を聞き出せるチャンスなので有効活用しましょう。

合同企業説明会のデメリット

学生の参加人数が多いので、人気の企業には多くの質問をすることはできません。あくまでいろんな会社が見れると割り切ったほうがよいでしょう。

合同企業説明会には参加するべきか?

合同企業説明会に参加するべきか悩む学生は多いです。実際、参加しないでも内定が取れる学生もいるでしょう。しかし、世の中にはたくさんの会社があります。自分の将来を決める大切な就職活動です。なるべく多くの企業を見て、視野を広げることが大切です。そのため、合同企業説明会に参加できそうであれば極力参加したほうがよいでしょう。

最低限のマナーを守ろう

気軽に参加できる合同企業説明会ですが、最低限のマナーはしっかりと守りましょう。あまりに態度が悪い場合は、選考に不利になる可能性があります。

合同企業説明会と個社説明会の違い

合同企業説明会は入退場は自由です。また、セミナーやイベントなども開催されます。必ず行く必要もなく、気軽に様々な企業の説明を受けることができます。

また、出展している企業も就活サイトだけではなかなか学生が集まらないので、合同企業説明会で就活生に会社をアピールし、エントリー数を増やすことを目的としています。そのため、気軽な気持ちで参加ができます。

一方、個社説明会は、会社にエントリー登録をしないと予約をすることができません。基本的には選考試験を受けたい企業を中心に受けることになります。そのため、説明会の内容も会社のアピールだけでなく、会社概要や業務紹介などが中心に行われます。

合同企業説明会は、リクナビ、マイナビやみんなの就職活動日記などでも開催されています。いろんな会社を知るためにも可能な限り参加するようにしましょう。

次の記事

「選考に有利な学内企業説明会」

前の記事

「企業説明会3つの種類」

    
コメント