個別企業説明会を有利に進める5つのポイント

個別企業説明会は、企業が単独で開催する企業説明会で採用に直結してきます。就活で差をつけるのに役立つ個別企業説明会を有利に進める5つのポイントを紹介します。


個別企業説明会とは

企業が単独で開催する企業説明会が個別企業説明会です。企業の会議室、セミナールーム、外部の会場などを利用して個別企業説明会が行われます。個別企業説明会では、説明会だけでなく選考試験がセットとなっているパターンもあるため、筆記試験や面接がある場合は事前の準備を忘れないようにしましょう。

個別企業説明会を有利にする5つのポイント

個別企業説明会は、企業情報を収集する大切な場です。履歴書や面接などの対策を行うヒントを集めることが大切です。それでは、個別企業説明会を最大限活かすための5つのポイントを紹介します。

1. 質問で自己PRはしない

よく説明会終了後に質問をして自己PRをしようと考えている人がいますが、質問では差がつきません。企業説明会は情報を収集する場と考えて下さい。

2. ホームページでわからない情報を収集せよ

会社情報は、ホームページやもらったパンフレットだけで十分と考えていませんか? それだけだと、面接で苦労します。個別企業説明会ではホームページなどでは知ることができない情報を収集するべきでしょう。

企業理念・ビジョン・ミッション
求めれる社員像
社員の声
ビジネスモデル

などはホームページで書かれていてもイメージしにくいものです。抽象的な情報やネットでは収集できない情報を個別企業説明会で集めて、面接で差をつける準備をするためにもしっかりメモをしましょう!

3. 説明会担当者を分析せよ

個別企業説明会でチェックしたいのは、説明会担当者です。実は説明会担当者になるのは人事部+社内のエースであることが多いです。会社がどのような人を起用するかで、「会社が求める人物像」を具体的に想像することができます。

また、面接のときにも「説明会での●●さんのように活躍できるようになりたい!」などとアピールすることが有利な場合もあります。具体例に使いやすくなるので、説明会担当者の名前やエピソードなどもメモしておきましょう。

4. 自分の言葉でまとめよう

個別企業説明会では、様々な情報を集めることが大切です。でも、その情報を担当者の人の言葉のまま使うのは避けましょう。何百人も受けている説明会の場合、同じ部分を面接などで利用する人が出てきます。

そこで、説明会で得た情報を自分の言葉でまとめることが大切です。そして、うまく自分のアピールポイントとリンクさせましょう。採用担当者は何百回と面接を行っています。受け売りの言葉はすぐ見ぬかれます。自分の言葉でまとめることは自己PRに役立ってくるので、説明会の後に振り返りも兼ねて自分の言葉で情報をまとめなおしましょう。

5. NGマナー

個別企業説明会は、選考に関わってきます。社会人として当たり前のマナーですが、遅刻や無断欠席は絶対NGです。交通トラブルなどに巻き込まれた場合は、遅れる前に採用窓口に必ず連絡をしましょう。

個別企業説明会に有利にするポイントをおさえて、選考を有利に進めましょう。

次の記事

「企業説明会で質問をするべき? 企業説明会でOKな質問、NGな質問」

前の記事

「選考に有利な学内企業説明会」

    
コメント