企業説明会で質問をするべき? 企業説明会でOKな質問、NGな質問

企業説明会が終わると待ち構えていたかのようにこれ見よがしに質問をする人がいます。これは就活の都市伝説とも言えるのですが、「企業説明会での質問は自己PRにつながる」と考えていませんか? ほとんどの場合、企業説明会で質問したからといって選考が有利に進むことはありません。


説明会開催の目的

学生側からすると、企業と接触する場ではとにかくアピールが大切だと考えます。では、企業の立場になって考えてみましょう。企業はなぜ企業説明会を開催するのでしょうか?

企業説明会は、企業の詳しい情報を学生に伝える場所です。説明会で学生を選考しようと思うでしょうか? それよりも、説明会を通じて会社に入社したいと希望する人を増やしたいと考えています。説明会は選考の場所ではないのです。自己PRするよりも情報収集をすることが大切です。

イタイ学生のNGな質問の特徴

とはいえ、説明会の質疑応答の時間に、自己PRがしたくて質問をする学生がいるのは事実です。イタイ学生の質問でよくあるのは自己PRをした説明会と全く関係ない質問です。

「私は●●に自信があるのですが、御社の●●に活かすことはできますか?」
「大学で●●を研究していますが、活かすことはできるでしょうか?」

のように、もう質問をすることだけ考えて質問しています。あまりに印象が強烈であればその後の選考はマイナスになるでしょう。また、聞かなくてもホームページを見ればわかるありきたりの質問もやめましょう。

「出産後も働けますか?」
「給料はどれくらいでしょうか?」
「休日はどれくらいありますか?」
「社内の雰囲気はいいですか?」

ありきたりの質問ですよ。そして、答えを聞いて何になるのでしょうか? 採用担当者になればわかるのですが、この手の質問を説明会や面接の度に聞いている採用担当者はうんざりしています。また、人気企業では100人単位で説明会を開催しているので、質問をした人をおぼえていることはほとんどありません。質問は有利にならないと覚えておきましょう。

してもOKな質問

説明会の説明でもっと深堀りしたい部分、説明不足だった部分の補足説明を求める質問はしてもOKです。ただし、先ほど説明したような説明会に関係ない質問やテンプレートのような質問はやめましょう。

また、説明会の規模にもよりますが、中小企業の場合、説明会の参加人数が数名の場合があります。実際1人という説明会を経験したこともあります。このように参加人数が少ない場合、質問がないと気まずいですよね。少人数の説明会の場合は、質問をするようにしましょう。ただし、あくまでも説明会に関する質問をするように!

質問のマナー

最後に質問のマナーをおさえましょう。

1. 質問する前に「本日はありがとうございました」と前置きをする。
2. 大学名、氏名を名乗る
3. 説明会に関連する質問をする

という3点をおさえておきましょう。

就職活動で大切なのは、企業の視点で考えることです。質問は少人数でなければ特にしなくても問題ありません。質問よりも説明会で情報収集することをメインに考えましょう。就活の都市伝説には惑わされないようにしましょう!

次の記事

「企業説明会の参加は選考に関わりますか? 説明会は全部参加すべきですか?」

前の記事

「個別企業説明会を有利に進める5つのポイント」

    
コメント