企業説明会に親がついて行ってはいけない理由

最近では、企業説明会に親が同行するケースがあるそうです。子供のことを思うのであれば、企業説明会に親が同行するのは避けましょう。それでは、企業説明会に親がついていくべきではない理由について紹介します。


そもそも論

そもそも論ですが、親が子どもの企業説明会についていくことは常識的に考えておかしいです。基本的に就職活動は子どもの自立のためのイベントです。常識的にもついていくのはやめましょう。ただし、どうしても入社したい会社で、急な病気やケガのため企業説明会に参加するために補助が必要であれば別です。

採用のマイナス評価につながる

また、親が子どもの企業説明会についていくと子どもの採用評価がマイナス評価になりやすくなります。企業側の気持ちで考えてみましょう。もしも、企業説明会に母親がついてきたとしたら企業側は、あれは誰だろうと話題になるでしょう。次に、あの親の子供は誰なのか探すでしょう。わからない場合は、タイミングを合わせて

「お子様はどちらですか?」
「こちらは●●会社の採用会場となりますが、どういったご用ですか?」

と自然に探りを入れるでしょう。子どもの情報がわかれば、「企業説明会に母親が同行」といったように情報共有されるでしょう。この情報がプラスに働くことはないでしょう。最近では、モンスターペアレントの問題も強くなっていることから、過干渉な親を持つ学生の採用は避けたいのが企業の本音です。自立した学生を求める会社がほとんどだからです。

子どものことを思うのであれば、親は子どもの企業説明会についていくのはやめましょう。親が子どもの企業説明会に同行することは、マイナス評価になることはあってもプラス評価になることはありません。

「ビーカイブの企業説明会カテゴリ記事」の詳細を調べる

    
コメント