就活の筆記試験対策【時事問題・一般常識】

就活試験では、SPI試験がメインですが、適性検査と併用して一般常識や時事問題の筆記試験が課されることもあります。就活試験の時事問題・一般常識対策のコツを紹介します。


主な筆記試験

筆記試験の主なパターンとしては、時事問題、小論文・作文、一般常識などが出題されます。マスコミ業界は時事問題が多く、新聞社では小論文や作文が出題されることが多いです。

一般常識・時事問題の基本対策

出題される筆記試験の内容に応じた対策が必要です。一般常識や時事問題に関する参考書を少なくとも一冊は読んでおきましょう。SPI試験の勉強も筆記試験対策につながります。また、時事問題や一般常識は範囲が広いため、新聞、テレビ、ネットなど全方位で情報収集を行いましょう。

また、マスコミであればかなり難しい時事問題が出題されるので、入念な対策が必要です。ただし、一般常識や時事問題は範囲も広いため、完璧な対策を行うことは難しいでしょう。合格ラインを意識しながら、どのレベルまで対策するかを考えましょう。

時間制限を意識しよう

筆記試験は全問正解を目指すのではなく、合格点突破を目指します。そのため、一般常識や時事問題では解ける問題から優先して解答していきましょう。

一般常識や時事問題が出題される会社を受ける場合は、事前準備が大切です。とはいえ、筆記試験だけが就活試験の全てではありません。他にも対策することはたくさんあるので、自分の就活対策状況に応じて、どこまで筆記試験対策に力を入れるのかを考えましょう。

次の記事

「就活の筆記試験対策【作文・小論文】」

前の記事

「SPI試験のテストセンター対策5つのコツ」

    
コメント