就活の筆記試験対策【作文・小論文】

就活試験では、SPI試験がメインですが、新聞社などのマスコミ系は作文や小論文試験があることが多いです。就活試験の作文・小論文試験対策のコツを紹介します。


作文・小論文対策に役立つ新聞

作文・小論文試験は、文章力を判断するのに最適な試験のため、新聞社などのマスコミ系でよく出題されます。多い試験内容は、60分以内で800〜1,000文字で、出題されるテーマは会社によって異なります。作文対策の基本は、新聞を読むことです。どのような文章構成、ネタの決め方などをつかんでおきましょう。ネットニュースでも文章を学ぶことはできますが、ネットニュースは、媒体や記者によって記事の質がバラバラなので新聞など文章の質が一定以上担保された紙媒体である新聞を読むことがおすすめです。

新聞を読むと一般常識や時事問題の対策にもなる!

作文対策のために、新聞を読むと一般常識や時事問題の対策も行っていることになり、一石二鳥です。就活といえば新聞が基本です。読む新聞は、日経新聞が基本ですが、新聞社を受けるのであれば、試験を受ける会社の新聞も絶対に読みましょう!

作文は書くことが大切

作文は、とにかく書いて練習しましょう。作文対策本を読んだだけで文章についてわかった気でいると、本番でろくな文章が書けません。作文だけはある程度文字数をこなさないと、作文試験で合格するような文章を書くことができないからです。また、本番同様、制限時間をタイマーで計りながら練習をするとさらに効果的です。

第三者にチェックしてもらおう

自分の文章のどこが良くてどこが悪いかは、自分ではわかりにくいものです。作文試験対策のために文章を書いたら、他の人に客観的にチェックしてもらいましょう。ブログなどを活用して文章力を磨くのもおすすめです。ソーシャルメディアで意見をもらいやすくなります。

文章力を磨こう

それ以外にも、作文試験では、文章全体の構成、結論、論理展開、わかりやすさ、具体性など文章力を磨くことが必要です。

作文試験を通過するには、実際に作文を書いて練習することが大切です。新聞社などマスコミ系を希望するのであれば、事前対策をしっかりと行いましょう。

前の記事

「就活の筆記試験対策【時事問題・一般常識】」

内定対策に

「ビーカイブ就活塾」

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ【内定したい人必見!】」

    
コメント