エントリーシートとは何か? エントリーシートの目的

エントリーシートとは、企業の選考に参加する応募用紙のことです。就職活動では、一次選考に進む応募者を厳選するために利用されます。そのため、エントリーシート突破をすることが就活の最初の関門となります。


エントリーシートとは

エントリーシート(ES)は、履歴書と似ていますが、各企業が用意したエントリーシートを提出します。そのため、人気企業では、難問となるような質問もあります。エントリーシートを直接記入して郵送するエントリーシート、web上で入力・提出を行うwebエントリーシートがあります。

エントリーシートの目的

エントリーシートは、企業の選考の作業を減らすために利用されます。人気企業になると万単位での応募があります。そこで、SPIやエントリーシートなどを用いて優秀な学生だけに絞り込んでから選考を行うのです。

企業の気持ちで考えてみよう

就活は、相手側である企業側の気持ちで就活をみると有利に就活を進めることができます。人気企業の採用担当者になって考えてみましょう。

最近は、多くの会社にエントリーシートを送る学生が増えています。100社ほどエントリーしなければならないので、数勝負でテンプレの使い回しといったエントリーシートもたくさんあります。しかし、採用は十人程度しか予定しない採用チームも数人の企業に何万通のエントリーシートが提出されたらどうしますか。全員面接と言うわけにはいかないですよね。

1枚のエントリーシートにかける時間はわずか

そこで、エントリーシートを利用して足切りを行います。ここで採用チームが対応できる数にまで減らします。しかし、そのためにはエントリーシートをチェックしなければなりません。あなたなら、何万通あるエントリーシートをすべてじっくり分析するでしょうか?

とてもそんなことはしないですよね。そこで1枚あたりのエントリーシートは短時間でチェックするのが普通です。そのため、読みやすくわかりやすいエントリーシートを書かないとエントリーシート選考で落ちてしまうのです。

就活生からすると、そんな一瞬で合否の判断をされるのは嫌と思うかもしれませんが、わかりやすいエントリーシートは、すぐわかります。わかりやすいエントリーシートは具体的で何が伝えたいかパッとわかります。悪いエントリーシートは曖昧で何が言いたいかわかりません。エントリーシートをみてわかりにくいと思った時点で落ちてしまうでしょう。また、マニュアル通りの回答やテンプレやよくある回答も不合格となります。

エントリーシート対策の前に、企業側がどのようにエントリーシートを利用しているか知ることが対策のポイントとなります! 就活では企業の気持ちを考えましょう!

次の記事

「エントリーシート通過率はどれくらい? エントリーシート全員通過企業も!」

就活支援なら

「ビーカイブの就活塾」

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ」

    
コメント