エントリーシートを書く時の文字数の考え方【400文字、800文字制限】

就職活動のエントリーシートを書くときに悩むのが文字数です。400文字、800文字以内のように文字数制限がある場合や文字数指定がない場合の対処法を紹介します。エントリーシートの文字数の考え方を紹介します。履歴書にも応用できます。


長文であれば有利か?

エントリーシートや履歴書は小さな文字で長文を書けば有利と考えている人もいます。しかし、エントリーシートは1日に何百枚もチェックするので、長文よりもぱっと見てわかりやすいかどうかが重要です。文字数の多さが重要なわけではないのです。

ダメなエントリーシートの特徴

ダメなエントリーシートは文字数が多く、文章の固まりや校正が見えづらくなっています。例えば、長所を例に考えてみましょう。

私の長所は●●です。長所の理由は●●です。(具体例や改善例が続き点)そのため、私の強みの●●を御社で活かすことができます。

このように改行がなく、小さな文字がだらだらと続くのは不採用になりやすいエントリーシートです。

改行を活用せよ

そこで、改行を上手に活用していきます。先程の例で考えてみましょう。

私の強みは●●です。

私の強みが●●の理由の▲▲だからです。

強みのエピソード例・改善例を紹介。

そのため、私の強みの●●を御社で活かすことができます。

と改行を活用するだけで、わかりやすくなります。

見出しの活用も有効

文字数制限がある場合は、見出しを上手く活用することも重要です。例えば、改善したことが3つあった場合、
 
■改善例1.
改善例1は●●です。

■改善例2.
改善例2は●●です。

■改善例3.
改善例3は●●です。

とするだけで見やすくなります。共通項がある場合などは、うまく見出しを活用しましょう。

文字制限がある場合の書き方ポイント

では、400文字、800文字制限などの質問があった場合は、どう書いていけばよいでしょうか? 

  • 序文→本文→まとめの文章構造の基本を守りながら、文字数制限を考えずに書く
  • (時間に余裕があれば)1日置く
  • 重要な部分だけを抽出していく
  • 具体例が多い場合は、文字数制限に応じて使う響きやすい具体例を選ぶ(3つあれば1番強いものを1つ)
  • 指定文字数の8〜9割内になるように細かな調整を行っていく(就職活動→就活、体言止めなど文字数削減テクニック活用)

エントリーシートや履歴書では文字数が多ければいいわけではありません。わかりやすさが重要です。具体例や理由などは面接で説明すればいいことです。エントリーシートや履歴書は、わかりやすく、見やすく書くことがポイントです!

次の記事

「エントリーシートでよくある質問の種類」

前の記事

「エントリーシート通過率はどれくらい? エントリーシート全員通過企業も!」

    
コメント