面接の質問を誘導するエントリーシート・履歴書の書き方

エントリーシート・履歴書では「面接官の質問」を意識するだけで面接を有利に進めることが可能です。面接が有利になるエントリーシート・履歴書の書き方を紹介します。


エントリーシート・履歴書は面接でも使われる

エントリーシート選考を通過すれば面接選考に進んでいきます。実は、エントリーシートの内容は面接でも使われます。そう、エントリーシートの内容から質問が行われるのです。また、履歴書の内容も面接の質問材料として利用されます。そのため、エントリーシート・履歴書の書き方を調整すると面接を進めることができます!

面接官に質問をさせよう!

面接に弱い就活生は、毎回面接の最中に答えを考えています。そうすると、うまくいくときとうまくいかない時の差が激しくなります。そこで、あなたが面接官になったつもりで考えてみましょう。

あなたは面接官です。今日だけでもう10人の面接を行っています。昨日もおとといもずっと面接です。質問内容を考えるのも疲れます。そこで、エントリーシート・履歴書で突っ込みやすい部分を質問します。

質問の回答を事前準備しよう!

つまり、エントリーシート・履歴書の時点で質問したくなるような書き方をすることで、質問を狙うことが可能なのです。そうすれば、事前にしっかりと考えた質問の回答をさもその場で考えたように回答することが可能です。これは早稲田など就活対策をきちんと行っている大学ではよく使われる手法です。

実際、私も就活の途中からこの方法を利用しましたが、本当に狙ったとおりに質問が来るので非常に面接が進めやすくなります。質問に答える内容を工夫すれば、常に想定通りの質問が来るので、面接の通過率もぐーんと上がります。

質問したくなるようなキーワードを入れたり、「改善をするために行った3つのうち特にがんばったことは●●です」といえば、残りの2つ何をしたのか突っ込みたくなります。

エントリーシート・履歴書ですべての回答をするのではなく、質問する隙を残しながらエントリーシート・履歴書作成をすることが大切です。どちらにせよ文字数が多いエントリーシート・履歴書は低評価の傾向があるので、うまく文字数と調整して面接官に突っ込ませましょう!

「A、B、Cのうち特に力を入れたことはAです」
→Aに関する具体的な質問もしくはB・Cの質問が来ると予想できます。

「インターンでの売上げを上げるために5つのマーケティングを強化しました。その中で一番効果がでたのは1つ目の●●でした。」
→1つ目のマーケティングの具体的な質問もしくは残り4つ何をしたのかという質問が来ると予想できます。

「大学の研究では釣りの餌に使われるゴカイの研究をしていました」
→ゴカイって何? なんでゴカイの研究したの? と思わず質問したくなるキーワードです。

自己分析から、企業にアピールしたい強みやネタがあるはずです。エントリーシートや履歴書の項目から、どの強みやネタをアピールするか考えましょう。また、質問させれば何でもいいわけではありません。あなたが、より多くの強みやビジネススキルを持った学生であることが伝わるようにエントリーシートや履歴書にネタを散りばめることが大切です。

具体例

エントリーシート・履歴書では文字数が限られているので、具体的な数字部分だけを書くことが多いです。面接は、エントリーシート・履歴書では伝えきれない具体例部分である背景知識を話す場所なのです。面接官が突っ込みたくなるような情報を散りばめて、質問がきたら具体例や背景知識を話すようにすると面接に強くなります。

それでは、インターン活動を例にしてみましょう。エントリーシート・履歴書での自己PRは400文字以内だったので、インターンで力を入れた対策の3つのうち1つを中心に説明しました。

「インターンでは、マーケティングを担当しました。1年かけて、サイトへのアクセス数を10倍にすることができました! ブログ、ソーシャルメディア、ニュース配信の3つを中心に行いました。特に力を入れたのはニュース配信です…」

このようにエントリーシート・履歴書に書かれていたら、中心施策の質問と残り2つはどんな対策を行い、どのような結果が出たのかという質問が予想できます。このように質問を誘導できるのです!

エントリーシート・履歴書の注意点

エントリーシート・履歴書は、このように面接官の質問材料としても利用されます。しかし、エントリーシート・履歴書は就活を通じて常にブラッシュアップをします。そのため、提出時のエントリーシート・履歴書や変更履歴は日付別できちんと別ファイルで保存すると、提出時点の内容を確認することができます。

このようにファイルを日付別で管理することで、回答の一貫性を保つことができます。よく1つのファイルを「上書き保存」で管理している学生がいますが、絶対に別ファイルで保存をするようにしましょう。「ファイル名_20140105」のように日付別で管理することをおすすめします。

エントリーシート・履歴書を利用して質問を誘導してしまえば、こっちのものです! 出来る学生ほど使っているテクニックですので、うまく活用してくださいね!

次の記事

「エントリーシートを書く上で知っておくべきこと」

前の記事

「エントリーシートでよくある質問の種類」

    
コメント