「入社したらやりたいこと」のエントリーシートの書き方

エントリーシートでよくある質問が「入社したらやりたいことは何ですか?」という質問です。この質問は志望動機と合わせて考えるようにしましょう。「入社したらやりたいこと」のエントリーシートの書き方を紹介します。


自己分析と事業内容理解がポイント

入社したらやりたいことは、志望動機に質問内容が近いです。そこで自己分析による仕事で望むことと業界・企業研究による事業内容の理解がポイントとなります。

望むキャリアはなにか?

自己分析では自分の強みだけでなく望むキャリアも分析します。そこで、自分が望むキャリアがきちんと分析できていれば、入社後にやりたいことは明確になります。自己分析のデータをもとに、具体的に何がやりたいのかを説明しましょう。漠然とした説明はNGです。

自己分析のチェック項目

事業内容を理解しているか?

望むキャリアにより何がやりたいかがわかったら、入社を希望する企業で具体的に何がやりたいのかを伝えます。そのためには事業内容の理解が必要となるので、業界研究と企業研究が必要となります。

業界研究のポイント

志望動機に必要な企業情報を集める10のポイント

志望動機作成に必要な企業研究を行う6つのポイント

書き方のポイント

  • 入社したらまずどの事業・部署で働きたいのか?
  • なぜ、そう思うのか?
  • 入社したら何を実践したいか?
  • なぜ、そう思うのか?
  • 実践するためにどんな努力・改善を行うか?
  • その結果、どんな成果が会社に生まれるのか?

のように具体的な内容を書くことができればいいでしょう。どんなキャリアを望んでいるか、会社の事業内容を理解しているかを中心にチェックされます。業界・企業研究が役に立つ質問です。準備時間が多い人ほど有利に進められます。また、志望動機とのつながりも意識して作成するようにしましょう。

次の記事

「エントリーシート・面接でよくある「自分のキャッチコピーを教えて下さい」の対処方法」

前の記事

「エントリーシートの志望動機の書き方」

    
コメント