就活の優等生「スーパー特急」の特徴

就職活動では内定を大量に獲得するが就活優等生がいます。まさに「スーパー特急」とも言えるような学生です。今回は、就活の優等生「スーパー特急」学生の特徴を紹介します。


「スーパー特急」学生の特徴

自分で動かなければ気が済まない。自分で就活イベントを開いたりもするが、面白そうな話が聞けるとわかれば、単なる講演会でも数百キロ近い移動も楽勝!

新聞は普通に読み、読書量は多めです。SNSも使いますが、あくまでも ツールとして活用しています。

社会人には直接会って話を聞く方がいいと思い、すぐに面談を申し込みます。飲み会なども、飲めなくても参加したがります。

就活の役に立つ・立たないとは無関係に、教養を深めるのが大好きです。

サークル、アルバイトなどの自己評価は「人並み」、他人の評価は「人並み以上」です。

合同面接では的確な受け答えをします。

グループディスカッションでは自然と仕切り役になります。司会をやらずとも話をうまくまとめる方向に持っていけます。

前向きで社交的なので、就活友達もできやすいのです。

最終選考かその一歩手前までは順調に進みます。

内定を大量にもらう内定王子・内定王女になって、断るのに一苦労です。

企業側が「あの学生、すごすぎるから内定出してもうちにはこないだろ」「可愛げがなさすぎる」と落とす可能性はそれなりにあります。

他の学生からの評価

「黙っていてもどこかは受かるでしょ」

「ああいう行動力や発想はとても真似できないし、自分と比較しただけでめげる」

「普通の就活なんてしないで、いっそのこと政治家にでも立候補してほしい」

スーパー特急型の就活生になれるようにがんばりましょう!

「就活のコノヤロー ネット就活の限界。その先は?(石渡嶺司)」の詳細を調べる

    
コメント