就職活動では劣等生! SNS大好きな「つぶやきヒーロー」就活生の特徴

「どうせ自分なんかダメでしょ」とすぐにSNSでつぶやいちゃう就活生周りにいませんか? こんな「つぶやきヒーロー」は就活がうまくいかないケースが多いです。「つぶやきヒーロー」就活生の特徴を紹介します。


つぶやきヒーローの特徴

就活が極度に怖く、面接はおろか、合同説明会に数回行っただけで息切れしてしまいがち。

大学のゼミ、アルバイトから親戚付き合いに至るまで、社会人と関わることが面倒です。

同年代でも同性の友人が数人程度です。その代わり、ネットでつながる知人は多いです。SNS大好きでツイッターやラインを駆使します。

「就活はコミュニケーション能力が大事」と言われるのが一番腹立たしいと思いますが、自分のコミュニケーション能力のなさは自覚しています。

特定分野のマニア率は大きいです。意外な視点が社会人をうならせることもそれなりにあります。地味な作業もこなせます。

そもそも選考はもちろん、説明会にも出てこないので、うまくいくわけがない。

数回落ちてもあきらめない、という発想がない。

面接でもグループディスカッションでも極度に緊張してうまく話せない。

SNSにあれこれ書いている時点で、落としたい企業が多い。

地味な作業をこなすところや、意外な視点を評価する企業が内定を出すこともあります。

他の学生からの評価

「普通に話しかけているだけなのに、何で緊張しちゃうんだろ? こちらがはらはらしてしまう」

「サークルとかアルバイトとかやればいいのに」

「話せば面白いヤツなのに、そこに行くまで時間がかかる」

就活の愚痴をSNSでつぶやきまくっている学生さんは危険です。注意してくださいね!

「就活のコノヤローの記事」の詳細を調べる

    
コメント