どこまで業界研究をするべきか?業界の全体図をおさえよう!

企業選びをする前に必要な業界研究。でも、かなり多くの業界があり、どこまで業界研究をするべきかわからない学生が多いでしょう。まずは、業界の全体図をおさえることがポイントです。


業界研究とは

業界研究とは、流通業界、IT業界、不動産業界など様々な業界の動向、推移、企業ランキングなどを研究することです。

どこまで業界研究をするべきか?

業界研究をすべて就活生がやろうとしても無理です。というかほとんどの社会人もすべての業界のことを知っているわけではありません。東洋経済新報社が出版している「業界地図」もかなりの分量ですが、紹介している会社自体は3,500社ほどです。そのため、全てをやろうとするとその作業だけで就活が終わってしまいます。

業界研究の全体図をおさえよう

まずは、業界研究の全体図をおさえることが必要です。おすすめなのは「業界地図」の本を1冊買うことです。定番ですが、東洋経済新報社の

「会社四季報 業界地図」

を購入して全体図をおさえると効率的に業界研究を行えます。

まずは、どんな業界があるのか業界全体図をおぼえましょう。

次の記事

「業界研究で大切な成長する業界を選ぶべき理由」

    
コメント