『GON!』とは何か

今やネット上には、フェイクニュースやジャンクなニュースがあふれているといえます。その中から正しい情報を見きわめるだけでもひとつの能力がいるといえるでしょう。一方でフェイクニュースやジャンクニュースそのものには深い味わいがあるのも確かです。もちろん意図的な悪意を持って配信されたニュースは問題外でしょうが、ユーモアのあるニュースは歓迎されるべきでしょう。


早すぎたネット雑誌

1994年にミリオン出版から発行された『GON!』は早すぎたネット雑誌というべきものでした。本書には、びっちりと文字が記され、いずれもジャンクなニュースが記されています。チャリンコに乗った小学生暴走族が出現したといったもので、明らかにネタニュースなのですが、それを大真面目に追うさまに面白みがありました。さらに、テレビ番組へのツッコミ、芸能ゴシップ、まずいジュースを探せといった小ネタが大量に掲載されていました。

コミュニケーションの雑誌

『GON!』は編集部を読者に開放していたり、読者からモデルを募集したり、マニアックな同士を求める読交流欄があるといった、コミュニケーションの雑誌でもありました。都市伝説のようなトピックは、人と人を介して伝わっていくものです。『GON!』はそうした、ウソか本当かわからないけれども、とにかく面白いものが広まってゆく、インターネットのネタ的コミュニケーションを先取りしていた雑誌だといえるでしょう。

    
コメント