雑誌のリニューアルはネガティブ?

雑誌を長く読んでいると、リニューアルがなされるときがあります。これまでとは違ったテイストの特集が組まれたり、新しい連載が始まったり、あるいは判型やデザインが変わることもあります。雑誌のリニューアルはどのようなタイミングで行われるのでしょうか。


読者を変える

雑誌のリニューアルの目的のひとつとしては読者層を変える目的があります。これまでの読者はもちろん、新しい読者を獲得したい時、読者層の年代を変えたい時などに行われます。雑誌は、好きな人はずっと読んでくれますが、新しい読者を獲得するのは難しい。そのきっかけとしてリニューアルがあるのです。

時代に合わせる

さらに時代に合わせて雑誌を変えていくリニューアルもあります。ただし、このタイプのリニューアルは、雑誌が本来持っていた魅力を失ってしまう可能性もあります。カルチャー雑誌だった「宝島」が、ビジネス雑誌へ変貌を遂げていった例などが顕著でしょう。

売れないからリニューアル

いずれにせよ雑誌のリニューアルは、売上が落ちてきたために、新しく行われる場合がほとんどです。そのため、雑誌のリニューアルは失敗に終わることも多くあります。特に何度もリニューアルが続くような雑誌は寿命が短いといえるかもしれません。

    
コメント