企業研究

企業研究はエントリー前の企業選びやエントリー後の志望動機作成に役立ちます。エントリー前後での企業研究や情報収集の方法など、きちんと企業理解ができるようになる企業研究方法を紹介します。

  • サバティカルとは何か?

    サバティカルと呼ばれる休み方があります。これは長期勤務者に対し、1ヶ月から1年程度の休暇を与えるものです。サバティカルの語源は6日働いたあと、7日目は安息日とする旧約聖書のラテン語に由来します。

  • ブラック企業とブラック部活動

    ブラック企業問題が取りざたされています。長時間の労働、過剰な体育会系、集団意識の醸造、目標の強制、無意味な根性論といった世界観はどこに源泉があるのでしょうか。それは中高時代の部活動と見ても良いかもしれません。勉強とは別に、平日は毎日、休日も休みなしの部活動を体験した人は多いでしょう。あくまでも任意とは言いながらも実質的な強制があることは言うまでもありません。

  • ホンダとサムスンメソッド、どう違う?

    サムスンは世界的に名の知られた韓国企業でしょう。韓国の大学生にとってサムスンは人気企業です。倍率も高く、サムスンに入るための予備校まであるほどです。

  • 心が病んで引きこもりになってしまった就活生を救った「ネガポジ流就職活動」 とは?

    就職するにあたって、多くの学生が悩むのが 「会社選び」の問題です。 就職したいと選んだ会社の採用試験に落ち、 鬱になってしまう学生も少なくありません。 NPO法人「若者就職支援協会」の理事長であり、 『最悪から学ぶ 世渡りの強化書』(日本

  • 入社してみたら大変だった!ブラック企業に立ち向かう方法

    実際に働いてみたら、入社前の話とまったく違うどころか、過酷な長時間労働を強いられ、セクハラやパワハラを受け、やがて心身ともに弱っていく……ということが起きています。最悪の場合は過労死というケースも。もしも、いわゆるブラック企業に入社してしまったら、どうすればい

  • 求人サイトで社風の良さが強調されている会社はブラック企業確率が高い!

    求人サイトで社風の良さが強調されている会社よく見かけませんか? 集合写真、かわいい女の子、社内イベントアピールなど…しかし、このような会社はブラック企業である確率が高く注意が必要です。 社風の良さに注意! 必要以上に「社風の良さ」が強調されてい

  • どの会社がブラック企業? 3つのエピソードで分かるブラック企業の見分け方

    今から3つの会社のエピソードを紹介します。エピソードを読んだら、3つの答えをどれか1つ選んで下さい。 1. 間違いなくブラックだ! 2. 会社なんて、こんなもんでしょ 3. お、むしろいい会社なんじゃないの? 選んだ答えで、ブラック企業の見分け

  • ブラック企業にありがちな業務内容に注意! ●●コンサルティングはブラック企業が多い?

    ブラック企業の業務内容は異常にかっこいい名前であることが多いです。そして、仕事内容があいまい、よくわからないということが特徴です。これは、人気がない、もしくは後ろめたい仕事であることを隠している可能性が高いんです。よくブラック企業で掲載されている業務内容を集め

  • ブラック企業の定義とは? 知っておきたいブラック企業レベル

    ブラック企業とは、「劣悪な労働環境で、賃金に見合わない肉体的・精神的負担を従業員に強いる、反社会的な存在の企業」といえます。また、低品質な商品を高価格で売りつけ、顧客をないがしろにして利益を得るような「営業手法に問題がある業態」も、ブラック企業です。 と

  • なぜブラック企業に入ってしまうのか? ブラック企業に入社してしまう3つの理由

    情報化社会に生きているためブラック企業に関する情報は手に入りやすくなっています。ニュースサイト、ブログ、某掲示板などで確認することができます。そのすべてが真実とは限りませんが、「ブラック企業」に関する情報は、企業研究のために検索さえすればあっさりわかってしまう

  • 企業選びのコツ? 喫茶店や居酒屋で情報収集をしてみよう!

    会社を訪問して社員の表情を見ても、採用担当者から会社について説明を受けても、社員が日ごろ思っている裏の本音までは、つかみきれません。社員が会社に対していろいろな不満を持っていたとしても、社内ではそんな声を聴くことはできないでしょう。裏の本音を探るには、会社から

  • 企業研究を簡単に行うコツは「会社の好きなところ」を探すこと

    企業研究が苦手な就活生は多いですよね。売上、営業利益、企業理念、ビジネスモデル…など始めて聞いた単語の連発で何がなんだかわからなくなります。でも、企業研究を簡単に行うコツもあります。そのコツは「会社の好きなところ」を探すことなんです。 企業研究の

  • 価値観が合うならオーナー系企業! チャレンジしたい学生にもおすすめ!

    オーナー系企業の場合、経営者の人となりや価値観に基づいて、こういう会社にしたい、こういう経営をしたい、というメッセージを明確に打ち出します。規模が小さかったり、知名度が低くても、固有の文化に強い自負を持っています。 オーナー系企業や、ホンダのように本田宗

  • スケールの大きな仕事がしたい学生は旧財閥系がおすすめ

    企業選びで気になるのが、三菱などの旧財閥系です。特にスケールの大きな仕事がしたいなら企業選びは旧財閥系がおすすめです。その理由を紹介します。 グループ意識が強い旧財閥系 旧財閥系企業で特に顕著なのが、グループ意識の強さ、結束の強さです。ある三菱

  • 石炭会社はかつて人気企業だった! 就職活動で内定を目指すべき優良企業とは?

    就職活動では、サラリーマン人生で生き残る優良企業を選ぶことが大切です。企業選びを失敗すると途中でリストラや倒産になる可能性もあります。就職活動で内定を目指すべき優良企業とは何なのでしょうか? かつて石炭会社は人気企業だった 1940年代から1950

  • 外資系企業と日本企業の違い

    外資系企業かどうかで、かなり企業経営のスタイルが違うという話を聞いた学生が多いでしょう。外資系企業と日本企業の違いを就活本である「人事のプロは学生のどこを見ているか」より紹介します。 金融業界の場合 金融業界でも、外資系の銀行や投資銀行と、日本

  • 企業選びで就職人気ランキングを気にしてはいけない理由

    就職活動で気になるのが就職人気ランキングですよね。ランキングの高い企業ほどいい企業と思いがちです。しかし、就職人気ランキングで上位の企業がいい企業とは限りません。企業選びで就職人気ランキングを気にしてはいけない理由を紹介します。 企業全部を知って

  • 会社四季報活用術! 就活生がチェックすべき6つのポイント

    企業分析をする際に「会社四季報」を読めと言われたことはありませんか? 就活生で上場企業に就職をしたいなら「会社四季報」で企業分析をすることをおすすめします。コンパクトに情報がまとめられているので、企業分析の時間短縮につながります。ただし、「会社四季報」は難しい

  • 志望動機作成に必要な企業研究を行う6つのポイント

    志望動機作成に必要な情報収集先を分析したら、志望動機作成に必要な企業研究を詳しく行っていきます。 志望動機作成に役立つ企業研究3つのポイント 志望動機を作成する企業研究のポイントは3つあります。 1. 事業内容を理解している 2. ビジ

  • 志望動機作成に必要な企業情報を集める11のポイント

    エントリーシートや面接では志望動機を作成する必要があります。自己分析をしただけでは志望動機は完成しません。深く企業研究を行う必要があります。志望動機作成に必要な企業研究の情報の集め方を紹介します。 ホームページとパンフレットだけはNG まず、企

1 / 2 1 2 最後 »