エントリー前の企業選びで実践したい企業研究8つのチェックポイント

企業研究は、エントリー前の企業選びとエントリー後の詳しい企業研究の2種類があります。まずは、エントリー前の企業選びで最低限チェックしたい企業研究の方法を紹介します。


企業選びの検索条件

エントリー前の企業選びでの検索条件は、

1. 募集内容
2. 事業内容

をメインに考えます。他にも、自己分析でわかった望むキャリアに必要な情報も条件に加えて企業選びを行うと、希望する職業につきやすくなります。

情報収集先

1. 就職サイト
2. 会社のホームページ
(OB・OG訪問)

エントリー前の企業選びでは、気になる企業をどんどんリストアップすることが目的です。まずは最低限の情報をチェックするために、就職サイトと会社のホームページをメインで利用します。

チェック項目

  • 募集内容
  • 事業内容
  • 会社の代表商品・サービス
  • 従業員数
  • 会社運営期間
  • 財務情報
  • 会社沿革
  • 企業理念・ミッション・ビジョン

などを分析します。給料や休日も重要なチェック項目ですが、まずは自分のやりたい職種を再優先にして探していきます。自己分析でわかった仕事に何を望むかによってチェックする優先順位は変えても構いません。

1. 募集内容

まずは、自分がやりたいと思える職種があるかを探します。働く上で、重要な指標となる給料。初任給、諸手当、ボーナス、勤務地、勤務時間、福利厚生などをチェックします。

給料は最低限●円必要、休日は●日以上ほしい、転勤はしたくない、シフト制はNGなどの条件がある人は、募集内容で希望条件をきびしくチェックしましょう。また、キャリアの流れなどもあわせてチェックしましょう。

2. 事業内容

募集内容に問題がなければ、事業内容を確認します。どんな事業内容があるかを確認します。複数事業がある場合は、どのような分野に特化しているのかをみていきます。また、事業の強みや弱みもあわせて分析するとさらによいでしょう。

3. 会社の代表商品・サービス

多くの会社には、代表商品やサービスがあります。会社の一番のヒット商品が何かはおさえておきましょう。

4. 財務情報

売上高だけでなく営業利益や経常利益などもチェックします。赤字ではないか、直近何年の財務データもみましょう。

5. 従業員数

従業員数が多いほど、大企業となります。ただし、従業員が多ければいい会社というわけではありません。財務情報と合わせて1人あたりの利益まで見るのがおすすめです。「社員数÷経常利益」などで1人あたりの利益額を計算できます。

6. 会社運営期間

会社創業、設立年を見ます。運営期間が長ければいい会社というわけではありません。運営期間が短くてもサイバーエージェントのようにしっかりとした利益を出している企業も多いです。財務情報と合わせて確認しましょう。

7. 会社沿革

設立当初の事業はなにか、どの事業がきっかけで企業成長を果たしたか、現在の花形事業は何かを見ていきます。ビジネスは変化対応が命です。会社沿革から会社の変化対応力をみましょう。

8. 企業理念・ミッション・ビジョン

会社の経営方針を理解するために、企業理念・ミッション・ビジョンも確認します。企業理念が合わないと感じた場合、その会社とは合わない事が多いでしょう。見逃しがちですが、重要なチェック項目です。

エントリー前の企業選びでは、これらの情報を分析しながらエントリーする企業を選んでいきましょう。

次の記事

「志望動機に必要な企業研究の情報の集め方」

前の記事

「徹底調査! 詳しく業界研究をする5つのポイント」

    
コメント