インターンシップの基本情報! インターンシップを経験する本当の目的

就職活動では、インターンシップ経験をすることが当たり前という時代になってきました。しかし、やみくもにインターンシップを経験をすることは就活に有利につながるのでしょうか? インターンシップを経験する本当の目的について考えてみましょう。


インターンシップとは何か?

インターンシップとは、学生が一定期間企業の中で研修生として働き、職業経験ができる制度のことです。大学生の長期休暇中である夏休みや冬休みなどの一定の期間を利用して行われることが多いです。関東では週に●日といった形でベンチャー企業のインターン経験もよく行われています。元々はアメリカで始まった制度です。

インターンシップの目的

インターンシップを経験する大きな目的は、仕事の経験ができることです。仕事を経験することでビジネスの裏側や理解、やりたい仕事が明確になります。また、インターンシップの内容によっては社会人としてのビジネススキルが身につくため、新入社員になったときに同期と差をつけることもできます。

インターンシップの期間

インターンシップの期間は1日のみのものから数ヶ月、年単位のものまであります。参加できる期間に応じてインターンシップを選びましょう。

インターンシップの種類

職場体験タイプ、プログラムタイプ、1日体験タイプなど様々な

「インターンシップの種類」

があります。インターンシップの内容によって就活が有利に進めやすくなるかどうか決まるので事前にどんなインターンシップ内容なのかを確認しましょう。

インターンシップを経験するメリット

学生がインターンシップを経験するメリットは、たくさんあります。

  • 社員に近い仕事の経験ができる
  • 業界や企業の理解につながる
  • ビジネススキルが身につく
  • やりたい仕事が明確になる
  • 社会人とのつながりができ、就活の相談がしやすくなる
  • 就職のイメージが具体的に想像できる
  • 社会人になる前に自分に足りないものがわかる
  • インターン先に就職しやすくなる
  • アルバイトでは経験しづらい仕事体験ができる

などインターンシップならではのメリットがたくさんあります。

企業がインターンシップを行う目的

学生側の目的やメリットがわかりました。では、企業はどんな目的でインターンシップを行うのでしょうか。就活前の学生であれば、会社のアピールやイメージアップ、優秀な学生に対する積極的な採用活動などを目的としています。また、インターンシップ経験の後に、選考に応募した学生であればやる気の高さなどを判断でき、愛社精神のある学生を採用することにもつながります。

最近では、内定後にインターンシップを経験させる企業も増えています。実際の業務を通じて、会社と学生のミスマッチを減らすのが目的です。

意外と負担が大きいインターンシップ

学生は教えてもらうのが当たり前と思っているかもしれません、しかし、企業側からすると、学生にインターンシップで教育するのはそれなりのコストがかかります。人件費、教育マニュアルの考案などかなりの負担があります。実際、かけるコストに見合わずインターンシップを実施しない企業も多いです。それでも、企業側がインターンシップを行うのは、優秀な学生の採用や会社のPRにつながると考えているからインターンシップを実施しているのです。

インターンシップを経験したからといって入社の義務はない

インターンシップをしたら、入社をしなくていけないという義務はありません。インターンシップを通じて入社したいと思ったら、入社試験を受ければいいだけです。そのため、まずは気になる企業がインターンシップ募集をしていたら積極的に応募をしましょう。

アルバイトとインターンシップの違い

インターンシップは基本的に給料がもらえません。アルバイトはお金がもらえるかわりに担当する仕事は、社員がやりたくない単純労働を行います。インターンシップは給料をもらえないことがほとんどですが、社員に近い仕事や手厚い教育を受けることができます。

「インターンシップは給料がない? インターンシップとアルバイトのメリット、デメリットの違い」

インターンシップ募集の探し方

インターンシップ募集の探し方には、大学、就職サイト、知人経由、直接問い合わせなど様々な探し方があります。いろんな経路でインターンシップ募集先を探しましょう。

「インターンシップ募集の探し方と応募方法」

インターンシップ経験は採用に有利?

インターンシップ経験をすると採用に有利なのかという議論はいつも行われています。結論は、インターンシップの内容次第です。1日体験型のインターンシップでは就活は有利になりません。インターンシップ経験をする前に、どんなインターンシップを経験すれば就活に有利になるのかを知ることが大切です。

「インターンシップに参加すると就活は有利?」

インターンシップの目的やメリット、アルバイトとの違いなどを知った上でインターンシップに参加するようにしましょう。

次の記事

「インターンシップの期間と種類」

就活対策なら

「ビーカイブ就活塾」

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ【内定したい人必見!】」

    
コメント