インターンシップの期間と種類

インターンシップには、期間、内容に応じて様々なインターンシップの種類があります。ただし、インターンシップの種類によっては、あまり就活に役立たないインターンシップがあることも事実です。インターンシップ経験を就活に活かすためにも、インターンシップの期間と種類について知っておきましょう。


インターンシップの期間

  • 期間設定なしの長期タイプ
  • 数ヶ月〜半年ほどの中期タイプ
  • 1週間〜1ヶ月の短期タイプ
  • 短期集中タイプ
  • 1日タイプ

など様々なインターンシップの期間があります。基本的には、中期から長期タイプのインターンシップを経験したほうが、仕事経験につながるので就活が有利に進めやすくなります。短い期間のインターンシップは、おすすめしません。

職場体験タイプ

一番おすすめなのは、職場体験タイプのインターンシップです。特に、ベンチャー企業のように、社員と同じような仕事を経験できる会社がおすすめです。その分、仕事内容はハードですが、ビジネススキルが身につき、就活の自己PRで使えるネタも得やすいです。また、職場体験タイプは長期でインターンシップ経験をすることが多いため、社員とも仲良くなれ、就活の相談や就職先の紹介など様々なメリットも受けやすくなります。

ただし、中にはアルバイトと同じような単純労働だけさせられる名ばかりの職場体験タイプのインターンシップもあります。インターンシップ開始時は、ルーティンワークでビジネススキルを身につけさせることも多いですが、単純労働だけのインターンシップはブラック企業が労働力確保のために行っていることもあるので見極めには注意が必要です。

プログラムタイプ

職場体験が一番のおすすめですが、人気企業では、インターンシップのための専用プログラムを準備していることもあります。サイバーエージェントやワークスアプリケーションズなどインターン採用に力を入れている企業では、新規ビジネス考案、新商品の開発、問題解決能力プログラムなど様々なインターンプログラムがあります。

人気の企業ほど、インターンシップには力を入れています。きちんと準備されたプログラムタイプのインターンシップ経験は就活に非常に有利となります。特に、人気の企業では、インターンシップからも優秀な学生を積極的に採用しようと考えています。就活に役立つ経験だけでなく、採用につながることも多いです。

実績のある人気の企業であれば、プログラムタイプのインターンシップが職場体験タイプよりもおすすめです。

1日体験タイプ

一番おすすめしないのは、1日体験タイプのインターンシップです。企業側からすれば、1日で教育をすることは難しいからです。学生が1日で仕事の全体像が理解することは難しいからです。そのため、1日型インターンは、グループワークや会社見学、長い説明会になりやすく、会社の理解はできますが、インターンシップの本来の意味である仕事の経験にはつながりません。同様の理由で、短期タイプのインターンシップもおすすめしません。

ブラック企業タイプ

1日型インターンよりも怖いのがブラック企業インターンです。職場体験タイプ、プログラムタイプのようにみせかけながら、アルバイトとしての労働力を無償で確保しようとしているからです。頭を使わない単純労働を繰り返されることが多く、精神破壊を受けるだけでなく就活に役立つことも少ない、一番おすすめしないインターンシップです。このあたりのブラック企業情報は、ネット情報やインターン紹介者に確認するしかないので、事前調査を忘れずに。

ただし、ベンチャー企業は、仕事がきびしいからブラック企業インターンと勘違いされるケースもあります。見極めとしては、仕事がハードだから辛いのか、ひたすら頭を使わない単純作業かどうかでブラック企業タイプかを見極めるようにしましょう。

海外インターンシップ

アメリカなどの海外でインターンシップを経験します。グローバル企業やシリコンバレーなどで働きたい場合には、受けるメリットはありますが、多額の費用がかかるなどデメリットもあります。自分の将来働く仕事のためにどうしても必要な場合に受けるようにしましょう。

「海外インターンシップのメリット、デメリット」

インターンシップを受ける期間や種類によって、就活が有利になるかどうか変わります。事前にどんなインターンシップの内容なのかを確認してからインターンシップ体験をするようにしましょう。

次の記事

「インターンシップ募集情報の探し方と応募方法」

前の記事

「インターンシップの基本情報! インターンシップを経験する本当の目的」

    
コメント