インターンシップ募集情報の探し方と応募方法

インターンシップを体験しようと思うけど、募集情報の探し方や応募方法がわかりにくいですよね。インターンシップ募集情報の探し方と応募方法について紹介します。


大学の就職課

大学の就職課やキャリアセンターにインターンシップの開催情報がないかチェックしましょう。なかなか個人でインターンシップ募集をしている企業の人と知り合いであるケースは少ないでしょう。まずは、大学の就職課やキャリアセンターにインターンシップ情報がないか確認しましょう。

企業ホームページで探す

就職したい企業やインターンシップ経験をしたい企業、官公庁、非営利団体がある場合は、企業のホームページをチェックしましょう。最近では、採用情報のページにインターンシップ募集情報が記載されている企業も増えています。気になる会社があれば、直接企業ホームページで探すようにしましょう。

インターンシップ募集サイト

最近では、インターンシップ募集の専用サイトも増えています。就職サイトを運営しているリクナビのインターン用サイト、

JEEK

などでインターンシップの募集情報を探しましょう。ただし、インターンシップ募集サイトを利用している企業はサイトに広告料としてお金を支払っているケースが多いので、ブラック企業ではないかを確認するようにしましょう。

問い合わせ

自分がインターンシップを経験したい企業がインターンシップ募集情報を出していなければ、問い合わせをするのも手です。その際に、

「御社のインターンシップを経験したい●●です。無償のインターンシップで構いませんので、ぜひ御社のインターンシップを体験させて下さい!」

と熱意をアピールすれば、インターンシップの経験ができるかもしれません。特に、ベンチャー企業であれば、そのような熱意のある学生は歓迎されるので、ダメ元で問い合わせをしてみるのも一つの手です。意外と企業には、直接インターンシップの問い合わせをくることは少ないため、使える手です。

社会人の知り合い

社会人の知り合いが多いのであれば、勤めている会社やおすすめの他の会社にインターンシップを募集していないか確認してみましょう。知り合いからの紹介ということであれば、インターンシップとして働きやすくなります。

インターンをしている友達

あなたの友達にインターンシップとして働いている友達がいれば、自分もその企業にインターンシップとして働けないか頼んでみましょう。その企業で働くことができなくても、他の会社のインターンシップを紹介してもらえるかもしれません。意外と友達経由だとインターンシップはしやすいものです。

インターンシップ募集情報は分散しているので、様々な情報経路から自分に合ったインターンシップを探しましょう。

次の記事

「インターンシップに参加すると就活は有利? 採用が有利になるインターンシップのケース」

前の記事

「インターンシップの期間と種類」

    
コメント