インターンシップは給料がない? インターンシップとアルバイトのメリット、デメリット

インターンシップをする前に気になるのが給料です。ほとんどのインターンシップは無報酬だからです。給料問題を含めたインターンシップとアルバイトのメリット、デメリットを紹介します。


なぜインターンシップで給料が出ないのか?

「大切な時間にタダ働きをするのはちょっと…」と考える大学生も多いかもしれません。しかし、インターンシップで給料が出ないのには理由があります。インターンシップは職業体験であるため、原則無報酬が本来の姿です。

また、企業からしてもインターンシップ指導が直接会社の収益につながるのであれば、給料を支払う必要はありますが、多くの場合、インターンシップ指導している間学生は利益を生み出しません。そして、インターンシップ指導を終えれば、入社しない限り教育コストは企業側が負担することになります。

この2点を考えて、インターンシップは指導料があるから給料が出ないと考えるようにしましょう。意外ときちんと教育するということは学生が思っている以上に大変なコストがかかることをおぼえておきましょう。教えてもらって当たり前の精神ではインターンシップで就活に有利になる経験をしづらくなるので注意しましょう。では、インターンシップとアルバイトのメリットとデメリットをみていきましょう。

インターンシップのメリット

  • 社員に近い仕事の経験ができる
  • 業界や企業の理解につながる
  • ビジネススキルが身につく
  • やりたい仕事が明確になる
  • 社会人とのつながりができ、就活の相談がしやすくなる
  • 就職のイメージが具体的に想像できる
  • 社会人になる前に自分に足りないものがわかる
  • インターン先に就職しやすくなる
  • アルバイトでは経験しづらい仕事体験ができる
  • 社長と距離が近い(社長に慣れることができる)

など就活に有利になる経験をつめることが大きなメリットです。

インターンシップのデメリット

給料がほとんど出ないのが大きなデメリットです。それ以外にも、アルバイトと同じような単純労働だけを押し付けられる可能性があることもインターンシップのデメリットでしょう。

ただ、最近ではインターンシップでも給料をもらえるケースも増えています。また、仕事を覚えると給料が増えていくこともあるので、インターンシップのデメリットは、年々小さくなっています。

アルバイトのメリット

  • 給料がもらえる
  • 最低限の社会経験が積める
  • 異性と出会える

というのが大きなメリットでしょう。アルバイト内容によっては、就活に有利に働く業務経験を積むこともできます。また、アルバイトをしているかしていないかで言えば、アルバイトをしたほうが就活では有利になります。

アルバイトのデメリット

  • 社員がやりたくない仕事を押し付けられている
  • 単純作業・単純労働がほとんど
  • 就活に役立たない仕事経験がほとんど
  • アルバイトの時間が生活の大きな割合を占めてしまう

などがアルバイトのデメリットです。アルバイトは、就活に役立たない仕事をメインで任されがちです。お金を稼ぐのにはもってこいですが、アルバイト経験は就活に直結するような仕事体験を積むことは難しいです。

インターンシップはお金を軸に考えない

インターンシップは金銭的対価が小さい代わりに、アルバイトではできないような就活に役立つ仕事を体験しやすくなります。お金を軸に考えてしまうと、せっかくインターンシップに費やした時間が無駄になりがちです。お金は大切ですが、ある程度の割り切りも大切です。お金が欲しい人はインターンシップよりもアルバイトがおすすめです。アルバイトでも心がけ次第で就活に役立てることができます。

インターンシップとアルバイトのメリット、デメリットをきちんと理解した上でインターンシップに参加するようにしましょう。

次の記事

「インターンも学歴差別? 難関大学生が1年生からインターンシップを始める理由」

前の記事

「インターンシップに参加すると就活は有利? 採用が有利になるインターンシップのケース」

    
コメント