就職活動の面接の10分前にあなたがやるべきこと

就職活動の時に欠かせない面接。緊張してしまい、十分に力を発揮できない……なんて人も少なくないのでしょうか。面接で自分自身の魅力を語るために、面接の直前でも出来ることがあります。今回は、面接の10分前にやるべきことをご紹介します。


1. 相手の利益を考えてみる

面接とは「自分」という労働力を商材とした1つの商取引に他なりません。面接官は、「オファーしている仕事とあなたはつりあうか」、「あなたを採用するとその企業は得をするか」という点を見ています。そのため、自分の願望や都合をひけらかしても何の意味もありません。「こんな仕事がしたい」ということより、「こんな仕事ができる」ということを訴えて、相手の利益を軸に話をしましょう。

2. 無理な嘘を禁ずる

話をわずかに盛るならまだしも、架空の内容を一から組み立てて話を創作するのはご法度です。実際に体験していない事実は、高確率で見破られてしまいます。仮に、無理して採用されたとしても無理が続き、長い目で見てはマイナスでしょう。自分の持っているもので勝負しましょう。

3. 言葉遣いをチェックする

ある事実を伝えるにも、伝え方は人それぞれ。伝え方次第で相手に対する影響も変わります。相手に響く、つまり、会社や職場に好影響を与えるような説明を心がけましょう。単なる事実のまま語るのではなく、相手に及ぼす影響を考慮するのがポイントです。

就職活動に悩む学生は10分前でも出来ることがあるはずです。自分の話し方、話す内容について考え直してみてはいかがでしょうか。

参考リンク

「就活に役立つ情報まとめ【内定したい人必見!】」

参考本

「面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる!(海老原嗣生)」

    
コメント