グループディスカッションの役割

グループディスカッションには、司会者、書記、タイムキーパーなどの役割があります。どんな役割があるかを知り、自分に合う役割を担当するようにしましょう。


司会者

司会者は、議論全体の流れを管理します。「司会者=リーダー」ではなく、議論全体の流れをよりよい流れに持って行くことが重要です。司会者は、発言していない人の意見を引き出したり、議論をまとめたりとアピール度が高いですが、難しい役割です。

司会者をやったらグループディスカッションに通りやすいという就活都市伝説もありますが、実際はきちんと議論をまとめることができない司会者は落ちてしまうので司会者を担当するときは注意しましょう。

タイムキーパー

グループディスカッションは時間制限があるため、タイムキーパーが必要です。時間を管理するだけの簡単なお仕事ですが、タイムキーパーにはあるメリットがあります。それは、議論がまとまらないときに、「残り時間は●分です。そろそろAかBにするか意見をまとめませんか?」というように、議論の流れを変えていくとアピールにつながりやすくなります。

書記

書記は、みんなの意見をメモしていきます。ただメモをするだけでは書記をやる意味はありません。意見をメモする際に、Aの意見、Bの意見のように同じ意見をまとめていくとアピールにつながりやすくなります。

ただし、何でもかんでもメモすると議論に参加できなくなるので議論のポイントだけをメモしていきましょう。便利係だけで終わらないように注意が必要です。

目に見えない役割も

目に見える役割は司会者、タイムキーパー、書記ですが、議論の流れを管理したり、ガヤ芸人のように意見がまとまるポイントを発言するなど目に見えない役割はたくさんあります。どんな役割を担当するにしても、チーム全体でいい答えをまとめるという考えに基づいて発言をするようにしましょう。

役割争いはNG

司会者を担当したがる就活生が多いため、役割争いが起きやすいですが、役割争いでモメるのだけは避けましょう。また、自分より優秀な司会者がいれば役割をゆずり補助にまわるなど役割は調整していきましょう。役割争いのせいで、マイナス評価となるグループディスカッションになるのだけは避けましょう。

司会者が機能していない場合

グループディスカッションでは、司会者がうまく機能していない場合があります。司会者が下手だと議論全体が迷走していきます。これはまずいと思ったら、司会者でなくても「●●さんの意見はいかがですか?」「AとBの意見がありますが、どちらが今回のテーマに合っていますか?」と司会をフォローしたり、場合によっては司会者を自然に担当するようにしましょう。

事前にグループディスカッションの役割を知った上で、自分の力が発揮できる役割を担当するようにしましょう。

次の記事

「自由討論タイプのグループディスカッション対策のコツ」

前の記事

「グループディスカッション対策のコツ」

    
コメント