集団面接

集団面接(グループ面接)は4〜6人ほど学生を集めて一緒に面接を行います。1人あたりの持ち時間が短い集団面接特有の対策のコツやマナーなどを紹介します。

  • 集団面接で学歴コンプレックスを克服する方法

    集団面接(グループ面接)やグループディスカッションでは、複数の学生が集められて面接やディスカッションが行われます。人気企業になると一流大学の学生だらけで学歴コンプレックスを感じることがあります。学歴コンプレックスを克服するための考え方を紹介します。

  • 集団面接(グループ面接)のマナー

    集団面接(グループ面接)のマナーを紹介します。入室、面接中、退室のマナーが大切です。 入室前 集団面接では4〜6人ほど集められた後に入室します。そのため、応接室などで待機する時間があります。集団面接で友人がいたり、横の人と仲良くなってもうるさく

  • 集団面接(グループ面接)対策のコツ

    集団面接(グループ面接)は、4〜6人ほど就活生を集めて一緒に面接を行います。集団面接の対策のコツを紹介します。 集団面接の目的 集団面接は、複数人の就活生を集めて行われます。人気企業では、選考人数が多いため、学生の絞り込みに利用されています。ま

1 / 1 1