就職活動の面接中に気をつけたいマナー

面接中に気をつけたいマナーを紹介します。知らないうちにやっているNGマナーがわかります。


キョロキョロしない

面接中は緊張してしまうため、つい目がキョロキョロしてしまうことがあります。面接は目を見て話すのが基本です。目線を面接官に合わせるようにしましょう。目を合わせるのが苦手な人は面接官のおでこを見て話すとよいでしょう。

あいづち

面接中は、面接官の会話にきちんとあいづちを打ちます。質問されたら「はい」と答えるとよいでしょう。また、面接中に会話形式になる場合も、話を聞いている姿勢を示すためにもあいづちを打ちましょう。

髪や顔を触らない

緊張すると、自分の髪や顔が気になりついつい触ってしまう人がいますが、絶対にやめましょう。自分では気づかないものですが、人が見ると印象が悪いものです。

貧乏ゆすり

緊張のあまり無意識で貧乏ゆすりをしていることがあります。貧乏ゆすりが癖になっている人は注意しましょう。

僕、あたし、自分などはNG!

ついいつものように、僕、俺、あたし、自分などと言ってしまうことがありますが、ビジネスで自分のことを言う時は「私」が基本です。

敬語

面接中は敬語が大切です。就活では敬語をひと通り覚えておくと便利です。最低限の敬語は勉強しておきましょう。

敬語の理解に役立つ基礎情報まとめ

間違いやすい敬語情報まとめ

面接官が複数の場合

面接官が複数の場合、正面の1人だけに目線を合わせるのではなく、回答中に全員に目を合わせながら話すようにしましょう。

面接中はこのような動作やマナーに注意しましょう。

次の記事

「就職活動の面接で退室するときのマナー」

前の記事

「就職活動の面接で入室するときのマナー」

    
コメント