面接は相手の目より「おでこ」を見よう! 面接官に売り込む「目の使い方」

面接で大切なのは目線です。そこでしっかりと面接官を見つめ、はっきりと話をすることが大切です。しかし、人見知りで目を合わせる人が苦手な人はどう対処すればよいでしょうか? 


相手のおでこを見る

面接では、できるだけ相手の目を見つめながら話をするのが好印象を与える秘訣です。しかし、目線を合わせるのが大切とは言え、直接目を合わせると緊張して脇汗が止まらない就活生も多いでしょう。

そこで、目と目を合わせながら話すのが苦手な就活生は、目ではなくおでこを見つめながら話をしましょう。なぜ、おでこかというと、おでこを見ながら話すのであれば、目を合わせながら話をしているように見えるからです。

鼻や口を見ながらだと目線が下がっているように見えますし、髪を見ながら話すと薄毛の面接官の心象はよくないでしょう。しかし、おでこであれば目線が合っているように見えるのです。目を合わすのが苦手な人は、相手のおでこを見ながら話をしてください。実際に、面接の練習をするときに気づいたのですが、ベストなポジションはやはりおでこです。

履歴書までは対人関係が苦手な人でも乗り切れますが、面接でどうしても緊張してしまう人は目ではなくおでこを見るようにして、緊張しないように調整しましょう!

「面接対策カテゴリの記事」の詳細を調べる

    
コメント